風のガーデン 「許す」ということ

『風のガーデン 第8話』で、とうとう貞三(緒形拳)が、

貞美(中井貴一)のことを知ってしまいました。


父親である老医師(貞三)が、勘当した息子のことを思いやり、

自分を責めていたことをルイに告白する場面、

長い時間の中で、心の中で「息子を許していた」と告白する場面、

緒形拳が演じる父親としての姿とそこから出る言葉に深い人間味を感じました。



人の生死に順番があるとするなら、父親である自分のほうが先。

「自分が先に逝くまでに、どうやって息子と和解したらいいのか」

貞三の心の中にずっと蓄積されていた「後悔」の念と

肉親を思う心の深さに、感動しました。


しかし、息子が、自分の傍に来ているとわかったとき、

知ってしまった息子の病気・・・


心に響いてくる父と子の微妙な心理描写。

そのストーリー展開にひきこまれます。



生前葬という形の同窓会での貞美と友人たちとの再会シーンもよかった。

人生も半ばを過ぎた大人ならではの泣き笑いをうまく表現していたと思います。



あと3話なのかな?


確実に、「終わり」に向かう人の生き様と、それをいっしょに迎えようとする家族の物語は、重いけれど、見ごたえがあります。

スポンサーサイト

tag : ドラマ 風のガーデン

11月もおしまい

週末の夜の風景はDVD鑑賞。昨夜は、ミスチルでした。

『WONDER-FUL WORLD ON DEC 21』

WONDER-FUL WORLD ON DEC 21 [DVD]

WONDER-FUL WORLD ON DEC 21 [DVD]

桜井さんが小脳梗塞を克服し

復帰した後に行われた1日だけのライブのDVD。

やはり感動します。


昨日は、ファンクラブから会報も届いて、

ap bank fesをはじめとして今年、たくさん参加した夏フェスのこと

書いてあって、読むのも楽しかった。

新しいツアーのことも。(^-^)


DVD見て、桜井さんの話す観客へのMCを見てたら、

「このところ、他人とちゃんと会話してない」なんてことが頭にうかび

そういえば、先週は、会社と家とスーパーの

三ヶ所が行動範囲だった・・・なんて思い出しました。

まあ、しばらくこういう状況続くけど。

カレンダーも、あと一枚。

がんばっていきましょう。

tag : Mr.children

『今夜がマウンテン』のイノセント・ラヴ

お昼の『笑っていいとも』に、

秋山佳音…堀北真希

長崎殉也…北川悠仁

のおふたりがイノセント・ラヴの番宣で出演してました。

そのとき、「今夜がマウンテン」という話をしてたんですが・・・

ほんとに、今夜はマウンテンでした。

まさか、まさか、ほんの少し前に「峠でしょう」の聖花が、

起き上がるなんて!


ヽ(◎д◎ )ゝ



自分の意思で起き上がったのでしょうか?

それとも、寝たきりのふりをしてたのをやめたの?


どっちともとれる演技でした。



あ~、これで、殉也の周囲にはまた怖い存在がひとり増えたってことですね。

いや・・目を開けてる聖花の寝姿もじゅうぶん怖かったんですけど。



毎回、書いてるけど、

突っ込みどころが、ありすぎです。


ストーリーでのいいところを思い出そうとがんばってみるけど、

今夜は、ムリです。


佳音と殉也、このふたりの絆を深めるとことか、

感情移入なんかまるで、出来なかったし・・・。


それに、百合の花の数が、シーンが変わるたびに違ってみえたのは気のせい?

佳音が、気絶してしまって

路地にばらまかれてしまった花の数、どうみても多いのでは?????


それと・・・・・どうやってふたりは家まで帰ってきたの?

殉也は、いつものように玄関の鍵は掛けないで飛び出るし。


脇を固める人たちも、まるで役割を見出せなくなってきて

なんだかグダグダな「今夜のマウンテン」でした。



私の感想もグダグダだなぁ。



さて、明日から仕事、がんばろっと。

tag : ドラマ

書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ




☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する
カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ