ヤタガラスを折る

ファミリーマートで 、折り紙を折ってサッカー日本代表を応援するっていうプロジェクトをやってます。

SAMURAI BLUE CROW 応援キャンペーン

29-1.jpg


サポーターの祈りを折り紙に託し、日本から南アフリカへ届けるプロジェクト!魂を吹き込んだ折り紙で シンボルである“三本足のカラス”を折る。みんなの祈りが込められた折り紙がSAMURAI BLUEとともに戦います。




折り紙なんて久しぶりです。子どもの頃は折り紙が好きで、よく折ってたものですが、ヤタガラスって、折り方が複雑で難しいです。難易度、高い。初級編、中級編、上級編、最上級編の4種類のヤタガラスの折り方があるんですけど、今、初級編がやっとです。

29.jpg

こんなふうに折ってみたい。でも、なぜ「ヤタガラス(八咫烏)」がシンボルマークなの?なんて、今さらながら疑問に思ったりしたんですけど、八咫烏wiki と、『日本サッカー協会 組織|ページ下部「シンボルマーク」の項に八咫烏についての記述』を読んでフムフム・・

さてさて、あちらは、ずっと不調な感じに見受けられるんですけどね、ホントに、本当に微力ではございますが、せめて私にも、出来ることをして応援を!!!
って思っとります。



スポンサーサイト

tag : サッカー日本代表

鳥の声に耳をすませば

朝、わんことの散歩が日課になっています。朝は忙しいので、ほんの数分しか散歩の時間はとれないけど、それでも、散歩を心待ちにしているわんこには、その時間が待ち遠しいらしく私が起きてくると、そわそわ。朝食の準備をして、いよいよ「散歩」とわかると、年を感じさせないほどに勢いよく玄関に駆け出してきます。
早朝、まだ活動をはじめていないひっそりとしている住宅地のなかの散歩道、私には楽しんでいることがあって、それは鳥たちのさえずりを聴く事。よく聴かれるチュンチュン、とか、ピーヨピーヨ、とか、カーカー、とか、そして、春告鳥といわれるウグイスとか。

ウグイスといえば、「ホーホケキョ」と鳴くのは雄だけなんだそう。縄張り宣言をしているとか。それと、ほかの雄と競い合って美しい音色を雌に聴かせて、雌を自分の縄張りに呼び込む意味もあるとか。
たまに、「ケキョケキョケキョ・・・」と鳴く声も聞こえるんだけど、これは、何かに警戒しているときの鳴き声なんだそう。
今朝も、わんこと歩いていて公園にさしかかかったとき「ホーホケキョ」って聴こえたんです。声のするほうを探して近寄ってみると花びらが散り始めた桜の木の上のほうで鳴いてました。

「ホーホケキョ」

そのウグイスが鳴き止むと、どこか別のところから

「ホーホケキョ」

縄張り争いをしているのではなく、ウグイスどおし、なにか会話をしているように私には思えました。
今の時期、朝の散歩は、少しひんやりとした空気の中で、耳をすませ、いろいろな音を聴くのが楽しいです。鳥の種類や名前、生態とか詳しくないので、出来れば、鳴いてる声の主は、誰かな?ってところも分かるともっと楽しめるかも。風薫る5月は、バードウォッチングなんか、いいかも・・・・ね。

気がついたら1年

ブログをFc2に移転して、いつのまにか1年が、たってました。
4月26日、ずっと覚えていられるようにと、この日を選んだのに、
なんと、すっかり忘れてしまっていた私は、いったい。

26日に久しぶりにあらわれたネコちゃんは、息子の誕生日だけでなく、
「記念日だねっ。」ってことのお祝いもかねていたのかしら。

あの日以来、ネコちゃんの姿は見ないのですが・・・・・。


今度、会えたら、今度、見かけたら
なでなでしてあげよう。そうしよう。


そんなわけで、不定期更新で思うこととかいろいろ記録していますが、
これからも、気ままに更新していこうと思ってますのです。

とりあえずは、たまっている下書きを、なんとかせねば、ネバダ。

20100429
書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


子ども達は自活。ようやく仕事に邁進しようと思った矢先に、とある出来事がきっかけでうつ病発症。人生は思い通りにいかないものです。現在、ツレとワンコとねこさん2匹と同居。


時々、笑い、時々、落ち込む、

そんな50代主婦のブログです。




follow us in feedly

カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入り





メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ