ドラマ10「10年先も君に恋して」

NHKドラマ10「10年先も君に恋して」
http://www.nhk.or.jp/drama/10nen/

【スタッフ】作=大森美香 音楽=河野伸
【キャスト】上戸彩/内野聖陽/劇団ひとり/渡辺えり/渡辺いっけい/木南晴夏/染谷将太/林丹丹/中山祐一朗/高島礼子/藤竜也 ほか

(あらすじ)
小野沢里花(上戸彩)は、老舗出版社の文芸編集者。本が好きで仕事熱心だが、なぜか付き合う男性には恵まれない。この数日も里花の周囲にサングラスをかけトレンチコート姿の怪しい男(内野聖陽)が出没し、執拗につきまとっていた。怪しんだ里花はその正体を突き止めようとするが、男は「このあとにくるバスには乗らないでほしい」と訳のわからないことを里花に頼む。あまりのしつこさにバスに乗るのをあきらめた里花だが、円山博(30・内野聖陽・二役)という青年と運命的な出会いをする。

------------------------------

上戸彩と、内野聖陽の共演といえば、
「エースをねらえ!」が思い出されますがそのとき以来の共演かな?
将来夫となる男性と未来から来たという夫との三角関係を描くそう。
若い頃を演じる爽やかな内野さんと、
10年後の2020年からやってきたちょっと渋めの内野さんを楽しめます。
会話もポンポン弾んでて、いい感じです。


ところで、
このドラマで内野さん演じる円山博の職業は、宇宙エレベーターの研究者だそう。
今夜の1話でも、内野さん演じる若くて爽やかな円山は、熱く語ってました。

でも、そういう職業って、ほんとにあるの?と思ったら
宇宙エレベーター研究って実際にあるんですね。

「宇宙エレベーター協会」のホームページにもドラマのことが記載されてました。
http://jsea.jp/node/845

「宇宙うさぎ」の実験とか、「宇宙エレベーター」の研究とか、
ストーリー以外のところも、おもしろそう。

脚本は大森美香さんですし、今後の展開が楽しみです。

今夜は、第1回「未来からの恋人」でした。


スポンサーサイト

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

NHK新・三銃士―知恵と勇気とユーモアあふれる言葉

amazonで探し物をしてたら見つけました。

NHK新・三銃士―知恵と勇気とユーモアあふれる言葉NHK新・三銃士―知恵と勇気とユーモアあふれる言葉
(2010/08)
アレクサンドル デュマ三谷 幸喜

商品詳細を見る


「NHKからは、『新・三銃士』を見てくれる
子どもたちのために、
生きていくうえで役に立つ言葉を
毎回ひとつは入れてほしい、と言われました」
                          
                   (三谷幸喜)



人形劇のなかに登場した、あんなフレーズやこんな名言、たくさん載ってるみたいです。
さっそく注文しちゃいました。

NHK新・三銃士―「主婦と生活社」
http://www.shufu.co.jp/sanjushi/

発刊元のこちらでちょっとだけ立ち読みできます。
予想通り、ボナシューさんのところで笑ってしまった。。

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 小説・文学

ブログの位置

以前、ここに記録していたことですが、このブログが夕べ更新されてました。すぐにそのページに行ってみると更新を停止した経緯が書かれていて、その理由は、更新停止間際に集中して寄せられた批判コメントにいたたまれなくなってしまったことによるものだったとか。そのブログをいつも楽しんで読ませてもらっていた私としてはブログ主のしっかりした文脈のなかにある歯に衣着せない語り口が、心地よかったりしたのですが、でも、今、思うとそういった辛口の語り口は反発も集まりやすいのは予想できたことかもしれません。だからといって、次々寄せられる批判コメントや「叩き」に付き合うのは神経をすり減らすだけだとも思うし。更新停止には、よほどのことがあったのだろうと思います。いずれにせよ、また、更新してくれたことが、読者としてうれしいことでした。
ブログって、書くものにとって、特別で、大事な場所なんじゃないかと思います。一応、私もこうして、ここを持ってて、あーでもない、こーでもない。と駄文を残しているけど、書き手でありながら、実はイチバンの読者でもあると自負してるし。そして、ブログって自己満足だということも承知してるし。(笑)
そして、少し前に、「ブログラム」というところに登録してみました。自分のブログの分析をしてくれて、それによって、新たに発見したことがあったりして、最近のブログ記事からの分析みたいだから、結果は偏っているけど、なかなかおもしろいです。
「ブログってなんのために書くんだろう?」時々、頭の中に浮かびます。「ブログラム」の自己紹介ページに『「思い」を書くことで共感してくれる方がいてくれたらうれしい』と書きました。こんな拙い文章だけど、何かを「感じ」てくれたら、それでいいと思ってます。タイトルのとおり、ここはちっぽけな場所ではありますけど。そして、これまでどおりこれからも気ままにやっていきますが。。。夕べから、お気に入りブログの更新のことから、そんなことをちょっと思っていたので今日は書いてみました。

書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ




☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ