テレビでの紅葉狩り

専ら、テレビ番組での紅葉狩り。現地に行かないのだから紅葉狩りしてきましたー、とは、いえないけど、この前BSジャパンの番組「空から日本を見てみよう」の十和田〜八幡平の空から見る山々の紅葉は素晴らしいものでした。



それにしても、寒くなってきました。我が家のネコちゃんたちはあいもかわらずこんな感じで、コタツの中。








仲良し姉妹みたい。




スポンサーサイト

気持ち次第、思考次第。

前回、まったくもってネガティブなことを書いてしまったことが自分的にあとからじわじわ、「書くべきじゃなかったか?」「いや、でも今、思うことは書いておきたいのだ」と、消そうか、消すまいか、、、と少し思っていたわけですが、本当のことなので残すことにして、昨日は嬉しいことがあったので、そういうことも書いておこうとおもいまして。



だって四六時中、鬱々としているわけでは無いですし。お日様が昇っているとき上を見上げたときにすべてが青色に染まっていたら訳も無く感動し、とても嬉しいし、葉っぱがカサカサと音を立てて風に舞い上がる音が聴こえると季節の移り変わりを感じますし、ネコたちが今は二匹とも私の布団の中で寝ていて狭い布団の中でもネコの寝息の音が聴こえると愛しさでいっぱいになりますし。ヒトって本当にいろいろな感情を持っているものだとつくづく思う日々なのです。良い方に考えれば今のこの時期は充電中と思えばいいのではないかと思うときもあるわけですし。それでも、何かの拍子にドーンと落ちてしまうときもあるのですが。と、前置きが長くなりましたが、昨日嬉しかったことは「料理が美味しい」とダンナさんに云われたことでして。「美味しい」は嬉しいことば。なのですね。

2年目の証

この文章は自虐的です。先日、役所より届いた封書。緑の紙。「自立支援なんとか......」の2年目の証。こういうものが来るとやはり、どうしたって、「いつになったら、、、、」などと思い巡らせてしまうのです。

私の療養生活と云う名の、それでも最低限の家事だけはなんとかしているこの状況の堕落、かつひきこもり生活はこれからどうなっていくんだろうか。他者とコミュニケーションをとることの難しさ、外に出ること無い、というか出れない状態。過去の自分を自分がイチバンわかっているから、焦っているのだ。ただ、焦って。「堕落」と書いたのはいけない事かもしれない。それは家族に対して申し訳ないことだ。撤回しよう。家族はこんな私に本当にやさしく接してくれている。だから、それに応えなければならないと、逆に思ってしまう。早くこの状態から抜け出したい。前の自分に、いや、未来を明るく思えるような、そんな自分になりたい。ネコを眺めていると愛おしい気持ちでいっぱいになる。やさしい気持ちになることが出来る。ありがとう、ネコちゃん。ありがとう、私の家族。あなたたちがいるから私はこうやって生きていれるのです。

書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ