2月の最後に反省

今日の私はなぜかイライラしていました。理由が分かっているので「なぜか」というのはおかしいです。そう、イライラしている上に思考も普通ではありませんでした。

きっかけは、出窓のレースカーテンにねこの咲がいきなり飛び乗り爪で引っ掻いてレースが破けてしまったことでした。

咲を叱ろうと私が大きな声を出したら、ねこたちは私の声に驚き部屋からサササ…とどこかへ行ってしまいました。ちょうど、ケージに入っていた犬のテンは自分が怒られたのかと思い耳を横にして顔を下げ怯えた目をして私のことをみていました。

違うの。
違うんだよ、テンちゃん…。

大きな声を出して、ごめんね。
イヤな思いをさせて、ごめんね。
テンを抱きしめてあやまりました。

ねこたちはどこ吹く風です。



ダンナさんが仕事から帰宅、この話をすると、テンはいつも私と居るから私の声のトーンに敏感になっているのかも…とのこと。

そうかもしれないと思いました。反省しています。


私は自分自身にイライラしていたんです。疲れている、と言ってしまえばそれまでだけど、落ち込みが少なくなりイライラが…。

次に通院した時にこの状態を先生に聞いてみようと思います。



2月、あっという間に過ぎてしまいましたね。


f:id:te_mi:20150228222235j:plain

テンちゃん、ごめんね。アナタはとても優しい犬なのに。

スポンサーサイト

「塩の街」有川浩

いろいろ本を読んでるなかで、
有川浩 著「塩の街」文庫本を読んだので記録。

塩の街」は、有川浩のデビュー作だったんですね。第10回電撃小説大賞を受賞し、電撃文庫から出版された作品に番外編を加え単行本化したものを文庫化したものだそう。そして、「塩の街」「海の底」「空の中」は、有川さんの書かれた本のなかで自衛隊三部作と呼ばれているそうです。

「塩」がたくさん登場するのに、ちょっとベタな甘いお話。でも、日常の描き方、非日常の描き方、うまいなーと思います。なにより、このひとの文体は読みやすいです。すんなり作品のなかに入っていけるところが手にとってしまうところかな。


ひとりの作家さんを追いかけて読み進めていく時って、デビュー作から順番に読んだほうがいいのだろうか?私は、何も考えず、そのときどきで、読みたいものを読んでいるのですが。そんなわけで、今も、バラバラにいろいろと何冊か多読しています。

塩の街 (角川文庫)

塩の街 (角川文庫)

それは大切なストラップなのー。

以前、iPhoneのカバーに付けてたストラップ、ねこの花がスマホをテーブルから座布団に落としストラップで遊んでました。

f:id:te_mi:20150217215542j:plain
こうして写真で見るとストラップはかなりくたびれてることがわかる......



私がスマホを持つたび、ストラップがゆ~らゆら。
それを花はちゃんと目で追っていたことは分かっていたんです。


「花ちゃん、それはお母さんの大事なモノなの。」


スマホのカバーからストラップを外し閉まっておくことにしました。

そういえば、今ってスマホにストラップを下げてる人って(首から下げてる人は別)あまりいないような。





f:id:te_mi:20150227081050j:plain

このストラップ、昨日のエントリに由来しますが、「My First Love」のアルバムが出たときのツアーに行った際、購入したものです。



こころに灯りをともしてくれるひと。 - こころに灯りをともして。


思い出がたくさんたくさん詰め込まれたストラップ。




また、アルバムが出たらツアーがあるかな?行けるなら行ってみたいな。

メディアにはほとんど出ないので知らない方も多いと思いますがファン層はとても幅が広いです。
それに、彼のコンサートはとても楽しいです。
いつもなんですが、客の年齢層を確かめる「年代別チェック」というものがありまして
下は10歳未満(親子2代で参加)から、上は60代以上の方も。
彼ご自身が60代ですからね。


「はーい!!」と手を挙げるんですよ、みなさん。


なんだかなつかしさで胸がいっぱいになってきたのでちょっと前のツアーのDVDでも観ますね。





浜田省吾 『J.Boy (ON THE ROAD 2005-2007 "My First Love")』


歌詞が胸に沁みる今日この頃。

書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ