今日は雨

久しぶりの雨でした。降るところは、災害が起きてしまうほど降っているのに、梅雨入りもまだのこちらです。どうなっているのかなぁ?


我が家の庭の土壌は、除染作業を終えてから土を新しく入れ替えたのですが「一応、除染作業の区間なので」

それが以前とまるで違う土壌で、乾いている時の砂埃がすごいんです。犬のテンが走りまわるだけで砂埃。大雨が降ると浸み込まず泥状態。
今日の雨は丁度良いくらいの降りかたでした。

ご近所には細かい砂利を敷いたり、芝生を植えるお宅も多いです。それから、すべてコンクリートで固めちゃうとか。うちもどうにかしたいなぁと思っているんですがテンの遊び場としての場所と考えたいのがイチバンなので、なかなか決めかねてます。
そんな今日この頃。

スポンサーサイト

偶然?必然?な再会

今日は朝から憂うつでした。2年振りにある所へ行かなければならないから。人が集まる場所にひとりで出向くのは怖いんです。


行きたくない
行きたくない
行きたくない


「テンちゃん、おかあさんの代わりに行って来てくれる?」

分かってる。
いぬに言ってもダメなこと。

行きたくない…のコトバに、行動に移せないダメな思いにがんじがらめになってしまった朝。


そして、私がしたことは出勤したダンナさんにメッセージを送ること。

「アタマが痛くなってきたよ。今日は行けないよ。」

「ムリしなくていいよ。」の文章と笑顔の顔文字の返信。


ゴメンね、ゴメンね、ゴメンね。


ヨコになったら、そのまま眠ってしまい…気付けば1時間半過ぎてて。



気分も少し落ち着いた感じ。

『今なら行けるかもしれない』

すかさずバックとクルマのカギを手に玄関を出ました。



向かった場所に着くと、なんと、ずっと会いたいと思っていた元会社の同僚と再会したんです。

『何?この出会い?』

偶然にしては偶然過ぎる。こんな場所で会える筈が無いのに。何かの力が働いた、とさえ思える再会でした。私が会社を辞める時、色々な手続きを丁寧に教えてくれてとても助かったヒト。聴けば、その後、そのひとも会社を辞めた、とのこと。

少しの時間でしたが、いろいろな話が出来ました。あの時のお礼も言えました。ほんの少しのことでも行動に移すことが難しい私にとって、今日の再会は必然だったのではないか?と思えます。

ひとりで外に出ることに力を貰えた出来事でした。

「花ちゃん、こういう日もあるんだね。」

ブログを休んでいた時のこと

3月末でした。新入社員となる息子クンが居て、入社までもうすぐ。その上の子の時が引越しとその片付けと入社準備と色々と大変だったコトを思い出していた私は1人でテンパっていました。でも、当の本人はそんなこと気にもしないようで、「もしかしたら、また直ぐに引越しになるかもしれない…」と、最小限しか荷物を出さないでおくと…。気付けば、1人ですべてこなしてる。私はひとりで気を揉みつつ焦っていたっけ。

むしろ、同時期に起きたダンナさんの転職問題が尾を引いてしばし、凹んでしまっていました。いや、冷静に考えてみても転職するのは私では無くダンナさん。私が凹む必要など無いのだけれど、環境変化にとても敏感に反応してしまう私は、ちょっとマズい状態だなぁと思う日々が続きました。

「焦るな!笑顔でいよう!」

そう自分に言い聞かせ黙って見守る日々。それでも、時々、爆発して何度か嫌な思いをダンナさんにさせてしまったけれど。

5月末、ようやく落ち着きダンナさんは今現在、新しい仕事に向かっています。
そして、必要に迫られて私は車の運転を再開しています。病気になってずっと車のハンドルは握っていなかったので、最初は怖い気持ちのほうが大きかったけど、自宅周辺から練習をはじめ、少しずつ距離を延ばし今では一般道へ。制限速度を遵守しての運転です。

「車の運転まで出来るようになったよ」

コレって私にとって自信に繋がるかと思いきやそうでも無く、自分の中であまり大きな意味は持って無いことが自分ではよくわからなくているのですが。簡単にいうと胸の中は靄がかかったまま、なのです。

以前の自分ってどんなだったっけ?
考えてもどうにもならない事をつらつら思う私です。

書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ




☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ