目が覚めるとひとり

朝方の夢ははっきり覚えている。
夢は残酷。目が覚めたときの、何とも言えない気持ち。さびしい思い。
いろいろなことを思い出してしまう。

夢の中の子どもたちは幼い。
楽しそうに笑いながら仲良く遊んでいる。

「ねえ、○ちゃん、次はこれで遊ぼう。」
「うん、うん」



そこに私の声がする。
「ほら、こっちを片づけてからだよ」


庭に面したカーテン越しの窓にシルエットがうつる。

「おーい、来たよー」

聞き覚えのあるその声に私は急いでカーテンを開け窓も開ける。

「楽しく遊んでる?」

彼女はいつも、そうしているように勝手に部屋にあがってくる。


「今日は暑いね~」

彼女はそう言いながら、
慣れた手つきでおんぶひもをはずし背中の子を抱っこする。



「○○ママ、来たの?あ、今、これで遊んでたんだよ」

うちの子が親しげに彼女に声をかける。

アハハ、アハハ、アハハ、アハハ…………



「まだ遊んでていいんだよね。」
「まだ帰らないよね。」

子どもたちが目をキラキラさせながら口々におとなに確かめる。




其処でおしまい。

目が覚める。





スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと。
ジャンル : 日記

「がんばって」は云えない

私はたくさんの個人ブログを講読している。個人の方の書かれる日々の出来事や思いがあふれている文章を読むのが好きだから。長いこと読ませてもらっているブログは、それこそ書かれるひとの生きざまを垣間見ているような気持ちになる。「結婚しました」「こどもが産まれました」「転職しました」……色々なことが起こる、それを勝手に喜んだりうれしくなったり。

2年ほど前から私と同じ病気のひとのブログを読んでいる。ゆうべ、そのひとがブログを更新されていた。うつ病ということをオープンにして仕事を探していたところ、雇ってくれるところが見つかり勤めることになった、と少し前に書かれていた。その後の事を更新されていた。すぐに辞めてしまったこと、苦しい胸のうちを吐露されていた。「うまくいくといいな」と私は思っていたので昨日のブログ主さんの記事に私自身も切なくなりその思いに自分を投影してしまった。

私は何度かハローワークで職探しをしている。此処なら、と思い紹介状を貰っても、いつも其処で終わっている。「辞退します」となってしまう。


そのブログ主さんに「がんばって」は云えない、と思った。だって「がんばって」いるんだから。ネットの片隅で応援しています。見まもっています。



テーマ : ひとりごと。
ジャンル : 日記

ねこさんが並んだ、並んだ。

珍しい光景。ねこさん2匹が並んでお昼寝。
こんなこと、滅多に見れない。





今日はいったいどうしたのかな?

えっ、いつもと同じ?

そうなの?

ほんとに?



なんだろうね、
キミたちを見てたら、すごくうれしくなったよ。









テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

tag : ネコ

書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ




☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ