3月のライオン7巻

羽海野チカ作、「3月のライオン7巻」が届いたのでさっそく読みました。
帯には「勇気の第七巻・本当の優しさとは...」の文字。
やはり、良い漫画です。
読んでいると元気が出てくる。
がんばろうと思えてくる。
優しい気持ちになれる。
読みながら、時々、クスクス笑っている。


3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)
(2012/03/23)
羽海野 チカ

商品詳細を見る


心に残った言葉がありました。

桐山零の学校での居場所になっていた部活動
だけど、部員3年生は全員、引退してしまう。
残るのは、零ひとり。
零を心配する3年生、、、
そのときの彼ら3年生の会話。

引用、抜粋します。

「Chapter67 小さな世界」より


「大丈夫かなぁ、桐山のヤツ...
せっかく最近少し明るくなって来た所だったのに」


「心配しすぎです
『得たり』『失ったり』は全ての人間に避けようもなく訪れるもの...
喜んだり、がっかりしたりをくり返し
人は自分の心の取り扱い方を学んでゆくのです...

失望も淋しさも人間には必要な感情です
勇気を出して新しい世界に手を伸ばすのは
『淋しさ』ゆえのこと......

---そうやって人は...
自分の小さな世界を
赤子のように手を伸ばして
広げてゆくのではないでしょうか.....





あ~~~~、この場面、グググッと来てしまいましたっ!
うんうん、と頷いていました。


このあと、思わぬ展開で部活動は存続されるんですけどね!

ヒナちゃんの問題も解決。登場人物それぞれが「優しさ」について思う7巻。
そして、新たなステージへ。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : マンガ
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 羽海野チカ 3月のライオン 漫画

書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


子ども達は自活。ようやく仕事に邁進しようと思った矢先に、とある出来事がきっかけでうつ病発症。人生は思い通りにいかないものです。現在、ツレとワンコとねこさん2匹と同居。


時々、笑い、時々、落ち込む、

そんな50代主婦のブログです。




follow us in feedly

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入り





メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ