ありふれた奇跡9話の感想

もう9話なんですね。ということは、あと2回?

サビシイ気持ちとホッとする思いが入り混じりです。(^^;


家族ってやっかいな存在だと以前書きました。

でも、それぞれ自己中なことをしている個人・個人だとしても家族の誰かに何か問題があるときは、それぞれ考えて、心配してくれる存在になってくれる。それが、別の問題を引き起こしたり、人の気持ちなんか考えず自分勝手で当人にとっては「こうあってほしい」という姿じゃないかもしれないけど、問題解決のためにいっしょに考え助けてくれようとする。

たとえば、加奈の父は、加奈の告白を聞いたとしてもおばあちゃんが言うとおり加奈を避けてますよね。本質から逃げようとしている姿がありあり。でも、そんな父だって、加奈に面と向って意見することは出来ないけど、翔太にはガンガン言いたいことぶちまけてしまう・・・どうしようもないイヤな場面だったけど、これだって加奈を思っての行為でした。

加奈の母が立ち直ったのだって、加奈のことを聞かされたからではないのかな?「自分がしっかりしなければ・・・」という思いが先になり前に進むことが出来るようになったのではないでしょうか。それと、過去に見切りをつけられたってことも大きいのかな?


そして、藤本の存在。9話では、彼の存在の大きさを改めて思いました。


印象に残った9話でのシーン。。

住宅展示場内を掃除をしながら、翔太の相談に乗っている藤本の姿をみてみると「無いゴミを根性で集めている」姿や、モデルハウスを案内する振りをしながら翔太にアドバイスする姿、

そのあと「今が大事じゃないか。明日はないかもしれない。明日はひっくり返ってしまうかもしれない」

という藤本が翔太にいう言葉。

「今が大事」と語る彼の姿は、彼がじゅうぶん立ち直ってる姿だと思います。翔太と向かい合い、うどんをおごられながら「あんた、今恋をしているよ」と語り、大のオトナがふたりして「アホくさい」と苦笑するような恋愛談義をして、翔太の食べ残しを食べたり・・・。藤本がそうやって翔太や加奈の気持ちを考えたり翔太の家を訪ねて(おじいちゃんには怒られてたけど)それぞれの家族にかかわりを持とうとする姿って、彼が生きることにたくましくなってきている証拠だと思いました。そんな藤本の姿にあったかい思いを感じました。


心にゆとりなんか持てずに過ごしてしまう毎日。あくせくと仕事して家事して・・・・。

「今が大事」ほんと、そうなんですよね。こんなふうにドラマを通してはっとさせられたり、ドラマの出来事に自分を投影してみたり、さらに、自分を振り返るきっかけになったり、そういうことって、ドラマを見てて惹き付けられることのひとつなんじゃないかなって思えたりします。




でも、加奈には、困ったもんです。翔太が加奈に【ぞっこん】なのは、はっきりわかります。だけど、加奈の翔太への思いは、よく見えてこない。加奈自身もわからなくなっているのは、分かるんですけど・・それで、ホテル・・・って。唐突すぎ。言われたときの翔太の表情の変化、すごく良かったです。加奈は、翔太のことを想うというより、自分のことしか考えてないみたいで。「最後にいちどだけ」・・なんて、結局、自分優先の考えでそんなことしちゃいけませんってば。(ムカッ)

翔太が加奈の思いに気付き、怒って帰るヒトでよかった。(笑)




ラストの「居酒屋」で翔太と父が待ち合わせて・・って場面は、いいな♪親子で男どおしで、酒を酌み交わす姿。

ふたりして、母親の働く店で・・・ってシチュエーション、よかったですね。翔太の父が家を出たことで新たな親子関係を築けそうな感じでした。そんでもって、卓上のビール「エレファントビール」なんだろうか???って・・・。そこんところが、気になって、画面に近づいてビールのラベルを見ましたよ。結局、わかりませんでしたけど。(笑)



加奈は、ずっと未来の姿にばかり目を向けています。藤本のいう「現実」に気付いたとき、加奈のココロが開くといいなぁ~なんて思います。


。。。。と、超個人的な感想を書いてみました。

翔太が、加奈に話した「ケルト」のこと、いい話でした。もっと深く知りたい・・・です。





◇スタッフ

  • 脚本:山田太一
  • 主題歌:エンヤ「ありふれた奇跡
  • 統括プロデュース:中村敏夫
  • プロデュース:長部聡介 樋口徹
  • 制作協力:FCC
  • 制作著作:フジテレビ



◇キャスト

  • 中城加奈…仲間由紀恵
  • 田崎翔太…加瀬亮
  • 田崎重夫…風間杜夫
  • 中城桂……戸田恵子
  • 神戸幸作…松重豊
  • 藤本誠……陣内孝則
  • 田崎四郎…井川比佐志
  • 中城朋也…岸部一徳
  • 中城静江…八千草薫

関連記事
スポンサーサイト

tag : ドラマ ありふれた奇跡

書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ