よく鳴くねこ

ネコってこんなに鳴くものなのかと最近思う。以前、我が家の家族だったワンコは本当に鳴くことが無かった。鳴く(吠える)といえば、雷のときのピカッ!に怖くて鳴いたことと掃除機の音が怖くて鳴いたことくらい。これらは今、うちの家族になったネコも受け継いでいる。同じ。でも、ネコは意味もなく鳴く。いや、ネコにしてみれば意味があるのかもしれないが、ただ鳴きながら家の中を歩いているときがある。名前を呼び声をかけるといったんはなきやむが、それでもしばらくするとまた鳴き出す。何を云いたいのかわからない。家の中に閉じ込めているからストレスがたまっているのだろうか。鳴くことによってストレスを発散しているのだろうか。わからない。そうかと思うと半日ぐらい黙ってたたずんでいるときもある。横顔をそっと覗くと目をあけて何か思っているような顔をしている。ネコってわからない。不思議な生き物だ。それゆえ、おもしろい。時々、私は、茶の間に飾ってあるワンコの写真に話しかける。「ふぅ~、大変だね。でも大丈夫。ちゃんとみてるからね。がんばって。」そんなふうに云ってくれてる気がする。イヌとはまるで違うネコ。甘えてきたり、爪をたててパンチしてきたり、私の後追いをしたり。そんなとき、「大好きだよ。」と云うようにしている。毎日、そんな日々を過ごしている。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

tag : ネコ

書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ