立春を過ぎても。

夜中からの強風が今朝も続いていて普段は窓を鳴らすことなんてないのに「ヒューヒュー」という音がたまに聞こえてきます。以前は、道端に誰かが落としたジュースの缶が「カンカンカンカン....」となって転がる音が聞こえたこともあったけど、この頃は無くなりました。ということは落ちてたら見つけた方が拾ってくれてるということかな。私も落ちてる空き缶を拾ったことがあるよ。強風のときの、あの「カンカンカンカン...」の音が響くのが嫌だなーと思い出して。フフ、ささやかな善行なのだ。
3日は節分。うちは息子たちが家に居ないから豆まきはしませんでした。それでも恵方巻は食べたよ。ダンナさんが大きい太巻きを買ってくるから残しちゃったよ。そして、たまごだけは食べたい・・って丸まってるのを開いて、「残り、あげる」ってダンナさんに渡したら「広げたままじゃ変じゃないかー」とまた自分で巻きなおして笑いながら食べてたっけ。あー、早くあったかくならないかなー。

「はーるよ、こい、はーやく、こい」


今年はプランターにいろいろと花を植えたいと思ってます。でも、「ぶつ森」の中で出来ちゃってるから実際にするのはメンドーだと思っちゃうかも。(^▽^;)
なんてことを思いつつ、ネコと過ごしています。

こんな歌がぴったりな今日この頃。


早春賦(日本の唱歌)


春は名のみの 風の寒さや
谷のうぐいす 歌は思えど
時にあらずと 声もたてず
時にあらずと 声もたてず

氷融け去り 葦はつのぐむ
さては時ぞと 思うあやにく
今日も昨日も 雪の空
今日も昨日も 雪の空

春と聞かねば 知らでありしを
聞けばせかるる 胸の思いを
いかにせよと この頃か
いかにせよと この頃

吉丸一昌(よしまる かずまさ)作詞
中田章(なかた あきら)作曲



関連記事
スポンサーサイト

tag : ひとりごと

書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ