2週間前のこと

その頃、私はダンナさんと喧嘩した。悪いのはたぶん私。以前だったら言い合って口を聞かなくなって、だんまり。その後、なんとなく話をしなければならなくなり、いつの間にかその時の口争いが消滅してだんまりではいられなくなり元のサヤにおさまるパターンが多かった。

でも今回は後遺症が辛かった。「私は孤独」であることをすごく思ってしまったのだ。

(どうせ私はひとりなんだ。ここにいなくたっていいんだ)

悲観的な思考は、より悲観的にネガティヴに自分をさせる。そして、まずご飯が食べられなくなった。がんばって食べようとしても味が無い。おいしくない。私は焦る。こんなに簡単に病気は後退するのか、と。もう薬を増やしたくない。いろいろ考えてダンナさんに救いを求めた。

「私をひとりにしないで。」
恥ずかしい言葉がスラッと出てきた。

「ひとりになんか絶対にしない」
真面目な顔で言ってくれる。


肩の力が抜ける。涙も出る。

とりあえずは、この言葉で救われた2週間前のこと。

f:id:te_mi:20160215230122j:image

気配でわかるのか、ネコたちはこんな時寄って来ない。ただ、耳だけはこっちを向いている。いつも、だね。うん。
関連記事
スポンサーサイト
書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ




☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ