大好きなキミがわが家に来てくれた

今年になって
初めてわが家に来てくれた大好きなキミ。

よく来てくれたね。
愛おしいキミに、
会いたかったよ、ずっと。

ゆっくりしていってもらいたいのだけれど
キミのココロの声が、

「今が良いときよ、さあ、どうぞ。」

そう言っているように聞こえたんだ。

だから、へたをとりのぞき
丁寧にやさしくキミを洗って
キミと仲良くしたいと言ってた
練乳さんに登場してもらい
器に並んだキミに練乳さんをかけたよ。
赤いキミに白い練乳は
なんてお似合いなのだろう。


さて、いただこう。



甘い香りと少しの酸っぱさが
練乳さんとシンクロして
くちの中はしあわせで満たされていくよ。



また、わが家に来てくれるよね。
約束しようね。



f:id:te_mi:20150207204611j:plain

関連記事
スポンサーサイト
書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ