我が家のイブの夜は忙しく過ぎていくのでした

昨夜は、忙しかったんです。まず、咲ちゃんが抱っこをせがみ、仕方なく座椅子に座り抱っこ。すると、其れを間近で見てるケージの中のテンが自分も、自分も…といった感じでケージによじ登る。
「ケージが壊れるからやめて〜。」
と、私。
テンは言う事を聞きおとなしくなったと思ったら、外では石焼イモ屋さんの声!
「い〜しや〜きいも〜、おいも…」

ってやつです。
うちのテンちゃん、どういうわけか、これに反応して遠吠えをするんです。

「い〜しや〜きいも〜、」

「ワオゥ〜〜〜〜〜〜ン」
「ワオゥ〜〜〜〜〜〜ン」

と。

これには初めて間近で見たねこたちが目をまんまるくしてテンを見つめてます。

おかげで咲もおとなしく。
やっと抱っこから解放された私は夕食の支度を。といっても、ダンナさんが買ってくるローソンの黄金チキンとケーキ待ち。知り合いがローソンを経営してるので我が家は毎年、チキンとケーキはココなんです。

程なくして帰宅したダンナさんはテンのお散歩へ。
その間に夜勤に向かう二男クンが先に食事。なんとなーく、二男クンの子どもの頃の話をしたくなり、私は話し始めます。

「そういえば、イブの夜に毎年、サンタさん来てたよね。次の日の朝、枕もとにプレゼントがあって、喜んでたよね。」

あきらかに二男クンの箸が止まりました。口の動きも止まりました。沈黙が続きます。やがて、返事は無いまま、箸が動く音……。

........あ、あ、あ、ま、ま、いいか。


ケーキは明日にする…という二男クンはいつものように自室へ戻り、私は散歩から戻ったダンナさんと夕食タイム。
「このチキン、なかなか美味いね。」とか言いながらいただきました。

やがて、テレビではおじゃマップがはじまり、10年越しに結婚式を挙げる、という自衛官のご夫婦のお話が。奥さまに内緒でウエディングドレスを用意してた…ってところで私は涙ポロポロ。

「こういうのに弱いんだよ〜」

と思いつつ、観てました。結婚式、披露宴と進み、奥さまのお母さんがビデオ出演して…ってところで、近くで鼻をすする音がする。

『あれ、ダンナさんが泣いてる。』
 
母親思いのダンナさんは、こういうのに弱いんだなぁ。うんうん。



二男クンが勤務に出かけ、ふたりでケーキ食べようってことになり予約者がもらえるシャンメリーを開けるダンナさん。
「ポン!」と弾けて蓋が開き…と思ったらシュワシュワシュワーーと中身が出てきました。

「ギャーーー!」

驚いて声を発する私。その声に驚き逃げ回るねこたち。ケージの中でなにごと?の顔のテン。床を拭き掃除するダンナさん。



笑ったり泣いたり驚いたり、、

本当に忙しいイブの夜のことでした。

ケーキは生クリームに苺が乗ってるデコレーション。
味はまあまあ、だったかな。




f:id:te_mi:20141225154355j:plain

これはダンナさんと私から義父母へのプレゼント。感謝の気持ち。

AUTHOR: te_mi IP: 124.208.47.221 DATE: 12/26/2014 09:35:46 環さん、コメントありがとうございます。そしてあたたかい言葉に私こそ感謝です。 もうすぐ今年も終わりです。 来年もブログにおじゃまさせてください。 はやくはやく雪が溶けますように。 環さん、本当にお身体を大切に。 無理はしませんように。
関連記事
スポンサーサイト
書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ