「夢日記」ドリフトして停まる路線バスに乗る

昨日、みた夢の話です。

とあるレジャー施設を出て私は停留所でバスを待っていた。次々とバスは来るのだが私の帰る路とは違うバスばかり。一台、とても遠まわりになるのだが私が降りる停留所に停まるバスがやって来た。でも、そのバスは本当に時間がかかってしまう。駅に到着するバスに乗り、また、別のバスに乗り替えた方が時間的に断然早い。なので、そのバスには乗らなかった。

しばらくして、ものすごいスピードでやって来るバスが見えた。しかもそのバスはドリフトをして停留所に停まった。私は驚き怯えつつ、運転手に聞いた。なぜなら行き先が【回送】になっていたから。

「このバスは駅に行きますか?」

運転手は、少し考えこんでから

「あぁ、14番路線だから行くよ。」

それを聞いた私はバスに乗った。すでに何人か乗り込んでいて空いてる席は運転手の後ろの2人掛けの席だった。たまたま、バス内で同級生を見つけた私は、

「隣同士で座ろう。」

そう、誘ったのだが彼女は、

「運転手の後ろなんて、いやよ。」

と言って私の後ろの2人掛けの席に知らないおばあさんと座った。

やがて、バスは発車。山の中の細い道を走り続けた。

…カーブでドリフトしたらどうしよう…

そればかり心配していたがバスは普通に走っていた。


トントン…と私は肩を叩かれた。振り向くと後ろの席に座った同級生が小声で、

「トイレ行きたくなっちゃった。」

私は、前にいる運転手に向かって、

「あの、すみません。トイレに行きたいひとがいるんですが停まれますか?」

と、聞いてみた。

運転手は、

「いいよ!わかった。ちょっと待ってな。」

良かった…と思い後ろを向くと同級生がいない。彼女は、いつのまにか運転手の隣にちゃっかり座っていた。

やがて、バスは停留所じゃない処で停まる。

「なんだ、なんだ。」

理由を知らない他の乗客が騒ぎ出す。

運転手は大きな声で

「ここで、トイレ休憩をします。トイレに行きたい方は自分といっしょにバスを降りてください。」と言った。

同級生を含め何人かがバスを降りる。

此処はどこなんだろう…と思い外を見るとその場所はサラブレッドを育成する牧場だった。外には、緑の草原が広がり幼駒がたくさんいる。

馬の多さに圧倒されている私は不意に声をかけられた。振り向くと、

「馬力ドリンク、試飲、いかが?」

バスの内部に小さな店が出来ていて馬具や馬油、馬のアクセサリーなどが販売されている。試飲を断わった私は、このバスに乗った事を後悔した。

「いつ、駅に着くんだろう…」と思いつつ周囲を見ると、他の乗客たちの顔が真っ赤だった。みんな馬力ドリンクを飲んで顔が赤くなったらしい。私の後ろの席のおばあさんも赤い顔をして陽気に笑っていた。

「馬油なら買ってもいいかな。」と思った私だが、店はもう消えていた。トイレに行った人たちはバスに戻り、運転手の、

「それでは発車しまーす。」の声でバスは走り出した。

だんだんと家々が両脇に増え街の中にバスは入ったようだ。

「もうすぐ…駅。」

私が思っていたら、バスの後ろにバイクが何台も付きバスを抜いたり脇スレスレに走ったり、嫌がらせ行為をはじめた。バスは停まり、運転手は、大きな声で怒鳴りつけた。

「何するんだ!危ないだろう!」

黒い革ジャンを着たバイクに乗るひとりが運転手に向かい、

「あんたがドリフトしたせいで仲間がひとり転んじまったんだ。そのお返ししてるんだよー!」

と、言い返して来た。

「ちっ!」

運転手は舌打ちすると、いきなりバスを発車させた。前方にバイクを降りてエンジン付近を点検してるひとがいる。それなのにバスは停まらない。

「今、ひとを轢きましたよね!」

私は思わず大きな声で運転手に言った。

「あそこは凹んでるから平気なんです。轢いてませんよ。」

バイクは、まだ追いかけて来る。



はやく駅に着いて……。






おしまい。

AUTHOR: te_mi IP: 124.208.47.221 DATE: 12/22/2014 23:02:06 masatdm1951さん、時々、ものすごく鮮明に記憶している夢を見るんです。 いつも、可笑しなことばかり起きて いつも目的地にたどり着けません。 はてなブログのグループに夢日記というグループがあるので参加して はっきり覚えてる夢は記録しとこうかなーと 思いまして…。
関連記事
スポンサーサイト
書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ