めぐりめぐる

いつもより1時間はやく起床。夜明け前ひとつにしても季節の移り変わりを感じ、室内の灯りをつける。早出の家族を送り出すため玄関を開けると東の空に綺麗な朝焼け空が広がる。夕焼けの色とも違うなんともいえない薄紅色。

「キレイ!写真に撮っておこうか。」

そう思いながらも私と一緒に起きてきたネコ2匹に、

「おはよ。」

外ではカーテン越しに家の中のひとの動く気配を感じるわんこが網戸をカリカリ。
少し早いけどわんこ散歩に出掛ける、朝焼けを背にして。

「あ、写真! 帰って来たら撮ればいいや。」

そう考えていつもの散歩コースを歩く。

途中、どこかのお宅からかすかに話し声が聞こえ、唐突に亡き祖母を思いだす。幼い頃からずっと私は祖父母と寝所を共にしてた。当時、子どもだった私には何を話しているのかまったく覚えていないのだけれど、早朝、祖父母は布団から出る前によくふたりで話をしてた事を不意に思いだし、私は祖母の柔らかい手を握りながらいつも寝ていたことまでも思いだす。祖母の柔らかくてスベスベしていた手のぬくもり、大好きだった。

「ごめんね、お墓参りにも行けなくて。」

亡き人を想うとき、どうしても

「ごめんね」

が先にでてしまう…。



そんなことを思い歩く今朝の散歩はおしまい。家に着いた。

「あらららら…」

いつの間にか、朝焼けの空は消え曇り空が広がっている。

「思い立った時、撮らないと駄目ね。」


ひと息ついて家事に戻った今朝のこと。

関連記事
スポンサーサイト
書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ