先に何があるのか分からない。

普通に生活してきた人がほんの一瞬の出来事で人生を変えなければならない事がある。もう、過去には戻れない。泣いても悔やんでも戻らない過去の日々たち。それでも生きていかなければならない。それは、償いだったり恩返しだったり。どんなにつらくても厳しい道でも未来がある限り、生きている限り続けていかなければならない。私だったら耐えられるか?と思う。私の子どもにそんなことが起こったら…と。当事者も家族にも重たい試練であることに違いはない。


世の中にはいろいろな人がいる。顔で笑っていても心では泣いている人、ひとのコトは聞くけど自分のコトは話さない人、うわさ話の大好きな人、そうして、どうしてか類はともを呼ぶもの。話好きなひとは話好きなひとと気があうもの。

私はこの病気になって自分のこれまでの人生を消してしまいたくなりました。忘れることが出来たらどんなに楽か…と何度も思いました。他者に対してどう接していいのか分からなくなりました。こんな私を支えてくれたダンナさん、義父さん、義母さん、そして子どもたち、感謝してます。
連絡を取れなくなった私の数少ない友人たち、もう前のように戻れないかもしれないけど、あんなヤツがいたなー、と時々思い出してくれたらそれでいいです。


私の今のいちばんの思い、

このままでは終われない…ということ。


生かされている今の私、
何も御返しをしてない。


長くなってきたから今日はおしまい。今夜はこの曲を。



日はまた昇る 浜田省吾 - YouTube

関連記事
スポンサーサイト
書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ