時々囚われる最悪の思い

悲観的な考えから私はいまだに最悪のことを思ってしまう。その思いだけに囚われ支配されてしまい、家族にひどいことを言い心配させ嫌な思いをさせ…。

…遺書はなんて書こう、とか
…その前にしなければならないことは、とか

そんな時は薬を一粒多く飲み、寝てしまう。
寝て起きると、囚われていた思いは私のなかで消えている。朝の空気が忘れさせてくれている。だけど家族を困らせたことは残っている。
心配した家族は気を配り私に接してくれる。
ごめんなさい。

まだまだだ、私…。

関連記事
スポンサーサイト
書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ