月イチ通院、待合室でのささやかなおしゃべり

月に一度の通院日。休み明けということもあるのか、座る場所が無いほどの混雑。それを見越して、何時もより少し早めに家を出てなんとか混雑には巻き込まれずに済みましたが、それにしても患者さんの多さに驚きました。そして、月イチの通院とはいえ長く通っていると顔馴染みの方も出て来るもので今日はいつもだれにでもあいさつする、とあるおばさんに声をかけられました。
「あら、お久しぶり。どう?元気?」
顔は知っているとはいえ、ちゃんと話した事が無い私は戸惑いながら
「はい、元気ですよ。」と応えました。
すると、
「前に見たとき、元気なさそうだったから心配してたのよ。」と。
名前も知らないおばさんに、そんなふうにみられていたのか…と思いつつ、年は70を過ぎていると思われる、そのおばさん、
「わたしね、好きな人がふたりいるの。どっちも優しいひとでね、1人に決められないの。」と打ち明けられ…。
『えっ!えっ!』と思いながら、
「…そうなんですか。優しいひとが、ふたりもだなんて良いですね。」とそれだけ応えるとすごくうれしそうに笑ってくれて
「ありがと。」と。

小さい待合室でのささやかな会話、これだけのことなのに、なにか社会と繋がっている気になった私でした。それにしても、いくつになっても男と女…なのねー。

関連記事
スポンサーサイト
書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ