「桐島、部活やめるってよ」がとてもおもしろかった。

2012年の映画。その年、日本アカデミー賞で最優秀作品賞、最優秀監督賞(吉田大八)、最優秀編集賞(日下部元孝)、優秀脚本賞(喜安浩平・吉田大八)、新人俳優賞優秀賞(橋本愛東出昌大)、話題賞(作品部門)を獲得していたことさえ観終わってから知ったこと。まあ、2012年〜2013年、今年も私はほとんど、映画は観てないし。そのころ、観たいと思っていた映画はもうたいていレンタルで出ていたり、テレビで放送しているので、録画していて時間があるとき、見ていたりするのですが。

で、「桐島、部活やめるってよ

こんなにおもしろい映画とは。朝井リョウさんの原作読んでいないので映画だけの感動ですが、高校生の日常をすごくリアルにあらわしていて。時間軸は同じなのに違う視点で観ていく所もより物語を膨らませている感じで私は好き。何より、「桐島が出てこない!!!!」それなのに、彼に関わる人物が、いや、関わらない人物たちも「桐島」ひとりに大騒ぎをする。映画の中の高校生たちの言動や部活等々でのやりとり、放課後の女子たちの様子とか、高校生時代を思い出してしまったりして、なつかしさも感じつつ、(私のころはいまよりもこどもだったと思いながら)ラストへ向かう屋上での騒動とBGMでの吹奏楽部の練習が一体化していてそれも絶妙。いや〜、うまいなーと思った次第。

予告編


高校生役で「あまちゃん」の橋本愛ちゃん、「ごちそうさん」悠太郎さんの東出昌大が出ているのも何か新鮮。監督の吉田大八氏は「クヒオ大佐」「パーマネント野ばら」なども手がけていることも見終わってから知ったこと。「パーマネント野ばら」は好きな作品。「クヒオ大佐」は未見。録画はしているので今度、観てみよう。

というわけで、今日は録画を消化するという軽い気持ちで観始まった「桐島、部活やめるってよ」がとても面白く心に残った作品になったという記録です。
主題歌も良かった。

高橋優「陽はまた昇る」


桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]

桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]

関連記事
スポンサーサイト
書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ