ネコたちの生い立ち

家の猫たちの生い立ちを。

咲は産まれてすぐに母猫を亡くし、その近所で仔猫を産んだばかりの親ネコの乳をその仔猫たちと一緒にもらいながら育ったとか。だから、なのかな。時々、思いがけずやんちゃになったり、かと思うと、臆病になったり。でも、子猫を貰いに行ったダンナさんが云うにはいちばん活発に動いていた仔猫だったから、この子にした、とか。








花は、産まれてすぐに母猫と離され、その後、預けられた家で貰い乳をしながら育ち、その後、家を転々とし、飼える処を探し我が家に辿り着いたネコ。もし、家で断ったら処分を考えていたとか。だから、なのかな。この子はとてもたくましく野生的。気に入ったモノを見つけると口に咥えてじっくり遊ぶ。だけど、外に出たがらないネコ。






それぞれ産まれた場所は違うけど似たような境遇を持つ我が家のネコたち。安心して。ずっと一緒だからね。離さないし離れないから。咲は2度目の年越し、花は初めての年越しだね。忘れないよ、キミたちと初めて会った時のこと。ずっと覚えてるよ。










関連記事
スポンサーサイト
書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ