「塩の街」有川浩

いろいろ本を読んでるなかで、
有川浩 著「塩の街」文庫本を読んだので記録。

塩の街」は、有川浩のデビュー作だったんですね。第10回電撃小説大賞を受賞し、電撃文庫から出版された作品に番外編を加え単行本化したものを文庫化したものだそう。そして、「塩の街」「海の底」「空の中」は、有川さんの書かれた本のなかで自衛隊三部作と呼ばれているそうです。

「塩」がたくさん登場するのに、ちょっとベタな甘いお話。でも、日常の描き方、非日常の描き方、うまいなーと思います。なにより、このひとの文体は読みやすいです。すんなり作品のなかに入っていけるところが手にとってしまうところかな。


ひとりの作家さんを追いかけて読み進めていく時って、デビュー作から順番に読んだほうがいいのだろうか?私は、何も考えず、そのときどきで、読みたいものを読んでいるのですが。そんなわけで、今も、バラバラにいろいろと何冊か多読しています。

塩の街 (角川文庫)

塩の街 (角川文庫)

関連記事
スポンサーサイト
書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ