通院

連休明けの医院はすごく混んでいた。今月の通院日には少し早かったのだが、今日、行って来た。先週のことを話す。連休中の気分の高揚とそこからの落ち込みを話す。先生はいつものように真っ直ぐに此方を向いて話を聞いてくれる。ひととおり話をすると先生は言う。

「自分でやる気が出たのは良いこと。でも、結果、無理をしたということだから、自分で出来ること、出来ないことの話が家族と出来るようになるといい。そういうことはよくあること。もっと年をとり、息子が結婚し孫が出来たとして、実家に帰省する。最初は、孫可愛さで家事に張り切る祖父母、帰る頃には、やっと帰ってくれてホッとする。そういうものなんだよ。」


なるほどなぁと思う。


私は、うつ病だということを息子たちとちゃんと話したことは無い。ダンナさんの口から聞いて息子たちは分かっている程度だ。先週、あんなことがあり自分のことが情けなくて仕方なかった。心配をかけたまま、話も出来ないまま戻ってしまった。今度、帰省したときには自分の状況を説明したいと思った。

大丈夫だから、と笑って話したい、と思った。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ