暑い日のねこさんの不安と甘え

今日は真夏のような暑い日。洗濯物が今日はたくさんあって洗濯物を外に干す作業を何度か繰り返してた。暑いしはやく終わらせたいし、で、私は朝からたぶん余裕の無い顔をしてたんだと思う。やっと終わりホッと一息した時、ねこさんの下の子が、ニャーニャーニャーニャーニャー鳴きながら私にまとわりついてきた。思わず私は「うるさいよ!」と言ってしまった。ねこさんは身体を縮めて鳴くのをやめたがそれでも私に寄って喉を鳴らしてきた。「どうしたの?」ねこさんを抱きしめると、少し落ち着いたみたいで、いつものように顔をペロペロ、そしていつものように私の鼻に噛みついてきた。「それは痛いんだってば」これもいつもの言葉。やがて、するりと腕の中から出てお気に入りの場所で眠ってしまった。




でも、すぐ起きてしまう。そう、外から音が聞こえると耳を動かして気にしているようだ。暑いから、と今日はあちこちの窓を開けて網戸にしていた。きっと、いつもより外の様子が聞こえてきて気になってしまったのだろうか。なにせ、玄関のピンポンにいまだにダッシュで逃げてしまうねこさん。今日は不安がいっぱいで、しかも私がいつもと違うことをしてたから、それも不安が増して甘えたくなったのかな…。

去年の夏はこんなこと無かったのに。それだけ周囲を気にするようになってオトナになった、ということ?

夕方になり、ようやくいつものねこさんに。
ゴメンね、「うるさい」なんて言ってしまって。反省してます。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ