母の心配ごと

外はカンカン照り。梅雨明けしたらしい。本格的に夏になったのね。だけど、私の心は憂うつだ。心配事がアタマから離れない。私が心配しても何も変わるわけでは無いのに、そのことで胸の中がザワザワしている。母の心配事といったらほとんどは、子どものこと。どんなに大きくなっても子どもには変わりは無いのだ。出来ることなら変わってあげたい。分かっている。心配ばかりしていたってダメなこと。子どもを心から信じて待つこと。いつも味方でいるよ、と願い続けてること。




「おかあさん、それよりもごはんはまだですか?」

ねこさんが、こんな顔してた。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ