のっぺらぼうに仕事の夢

白い服を着ているからひとなのか?よくみると、顔に何も無い。目のある辺りにくぼみはある。鼻のある辺りは少しだけ高い。口も無い。耳も無い。髪も無い。もしかすると、ヒトガタをした物体なのか。でも、こっちに真正面に身体を向けている。怖さは感じない。ただ、その物体と向き合っていた。

場面は一転。元の職場。いつものように忙しくしている。私は何をすればいいか、辺りを見渡し滞っている場所に手伝いに向かう。「今日はいくら遅くなっても大丈夫です」などと上司に言ってる。作業をはじめる。生き生きとしてる自分が其処にいた。



元の職場の夢はよく見る。私は生き生きと仕事をしている。いつも、いつも。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ




☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ