ザ・ライバルー少年サンデー・少年マガジン物語

5日のNHK総合、
夜10時から放映された、ザ・ライバル『少年サンデー少年マガジン物語』を見ました。

私には、姉妹はいるけど兄弟はいません。でも、父の弟(創刊時の50年前、中学生)の叔父がいたので、幼い頃は、叔父とよく遊び、なので少年マンガは身近な存在でした。




この番組、今年創刊50周年を迎えた、サンデーとマガジンのライバル関係の歴史を、ドラマとドキュメンタリーを交えて紹介していくって手法でドキュメンタリーだけではよくわからないところを、ドラマ仕立てにして見せてるところが、よりわかりやすく伝わる感じで最近のNHKには、わりとこういうのって多いですよね。

0505_007.jpg

でも、ドラマ部分は、ちょっと内容が薄く、さらりとうわべだけをすくってるんじゃない?という印象を持ち、それぞれの少年誌の若き編集者を演じてた、成宮寛貴と伊藤淳史は上手いなぁと思うんだけど、ドラマ全体では、少し物足りなさを感じました。けど、ドキュメンタリーの部分が、とてもおもしろかったです。

サンデー(小学館)は、創刊するために周到に準備を重ね、「小学○年生」などの実績を元にして教育ってことの理念を守り、子供が楽しめる雑誌を目指す。
一方、マガジン(講談社)は、ストーリー漫画を軸にしてスポーツ漫画に目を向けて原作と漫画を分けるスタイルをとり、質の高さにこだわろうとする。

0505_006.jpg

それぞれが、それぞれの違いと、お互いの動向を気にするほど気にしてしのぎを削ってく様子が、特に編集者側からの視点で描かれていたので、見てておもしろかったです。

「オバケのQ太郎」の名前が、安部公房作品がヒントになっていたこととか、連載がはじまったものの、人気投票時にあまりにも評判が悪かったので打ち切りにしたって話、でも、やめたとたんに「どうしてやめたんだ」と、子供達から抗議のハガキが殺到して、あわててまた、連載を再開したこととか、編集者は読者の声に敏感なんだ~と思いました。

それから、おもしろかったのは、漫画家の取り合い。赤塚不二夫さんがバカボンを背負いながらマガジンからサンデーに移籍してた・・なんてこと、知りませんでした。すごいですよね。

そして、特に感動したのは、「巨人の星」が誕生する時の川崎のぼるのエピソードでした。
再現ドラマで、マガジンの編集者(伊藤淳史)が、梶原一騎に作品の依頼をしにいくところとか、編集者になりたての立場の人が大御所にいきなりお願いに行ったりするのかな?とギモンに思ったりもしたけど、でも、梶原一騎は了解して、作品を作るんです。そして、そのあと、伊藤さん演じる編集者はこの原作をマンガするのは川崎さんだ!と、川崎さんのところに行くんです。でも、川崎さんは、梶原さんの原作は素晴らしいんだけれど、家が貧しく、子供の頃から家計を助けるために働いていたから他の子供たちのように友達と空き地で野球などしたことがなく、野球のルールを何一つ知らないので、自分にはこの漫画は書けない!と慟哭するんです。それを、伊藤さん演じる編集者が、「僕が野球のルールを教えますから描いて下さい」といっしょに大泣きするんです。

昔のマンガ家の話には、、こういう熱いエピソードって他にもあるんだろうなぁと思ったりしましたが、こういうことがあり、「巨人の星」が出来たのかと思うと感動でした。

「巨人の星」は大成功、それが、「あしたのジョー」に繋がっていくんですね。

サンデーの編集者は、焦ります。けど、ライバルの動向を見据え、自分の行く道を決めていく・・・ってあたりで、番組は、50周年の同窓会となり、おしまい・・・でした。

今、あたりまえにある週刊漫画、こんな歴史があったのか・・50年という時間に思いを馳せたひとときでした。




news_thumb_magazin50.jpg

news_thumb_sunday50.jpg




mixi日記より転載
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : NHK
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : NHK 少年サンデー 少年マガジン ドキュメンタリー

書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ