夢の中での孤独

たくさんのひとたちで賑わう場所に私はいた。ともだちもいる。でも、何かがおかしい。ともだちがいるのに私は会話に入れない。いつの間にか、独りになって賑わう場所を歩く。もう帰ろうと思いケータイを取り出す。でも、番号がわからない。そしたら突然、となりにいた男にケータイを取られてしまう。男は逃げる。私は追う。交番を見つけ私は中に入り助けを求める。



こんな夢は悲しくなる。目覚めたときの憂うつな気分。それを取り払おうとねこさんを抱き上げる。ワンコの顔をみて声をかける。テレビを付けて日常に戻る。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ