官僚たちの夏

日曜日にはじまったドラマ「官僚たちの夏」録画してたものを視聴して思ったこと。

「物づくり」にかける意気込み、誰かのために、そして、やってくる未来のために情熱を傾ける場面、
試行錯誤をくりかえし、新しいモノを作ろうとする製造業。そこで働くひとたち。

見ていて「プロジャクトX」につながるものがあったりしたけど、
同じモノへ向うことでも多角的にいろんな考え方があり、それぞれの分野でがんばるという姿をみせてるところ、
「物づくり」をするひとたちが今の日本を作ったのだといっても過言ではないと思えたし、
熱い情熱、感じられた。良かった。

こういうドラマ、好きです。
関連記事
スポンサーサイト
書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ