今夜の「天地人」のサブタイトルは『ちょっと待った』

今夜の「天地人」を見て気になったことがあったので、メモメモ。
奇しくも今夜の放送「天下統一」のサブタイトルが、『ちょっと待った』でした。
いや、ほんと、『ちょっと待って』といいたくなってしまう話でしたので
「ひとりごと」カテゴリにいれとこうと思います。


舞台は、小田原。
どのような戦が見られるのかと思ってましたら、いつものように、ナッシング。
ナレーターの丁重な説明と遠ーーーくから見下ろす小田原(?)、
スイマセン、とあやまりたくなるほど、絵がぼんやりしすぎててよくわかりませんでした。
分かったのは、砂浜に打ち寄せる白波ひとつ。

まあ、それはいいでしょう。戦描写の無い戦国時代、
どうやら、これは、このドラマのステータスみたいなので。


ところで、気になったといえば、
兼続さん(妻夫木聡)をあまりにもみなさんで持ち上げてやしませんかね?
兼続さんが、いなかったら、この人たちは、何も出来ないの?そうなの?と思ってしまうほどの
よいしょぶり。主役だから、これはありなの?

しかも、伊達政宗(松田龍平)との場面、家老の兼続さんと、伊達の当主、政宗公、対等ですよ。歴史上で、脇役だった人物を主役として描く場合、こういう描き方をしなくちゃいけないの?
と、なにやら、モヤモヤ・・・・・・・違和感でした。

それに、伊達政宗の見せ場ともいうべきところの白装束(死に装束)での登場場面、
あれって、兼続さんの手紙による説得で、決めたってふうに思えたんですが?

あ~、そうか。モノゴトには表と裏があるように、いろいろな見方があるように、
史実にも、表の部分と表に出ない裏の部分があるってこと、それに違った角度から見ると
今回のように、別の見方が出来てしまう・・という顕著な例なのですね。

兼続が政宗に送った書状に書かれていた
【生中に生なし、死中に生あり】という上杉謙信と、景勝、兼続の師であった北高全祝との中から生まれた言葉、
上杉側からこの場面を描いた場合、この言葉は、政宗の心情にも影響を与えて、なるほど!この場面に当てはまる気がします。

だけど、渡辺謙さんと比較してはいけないと思いながら、松田龍平さんとやっぱり比べてしまってゴメンナサイ。そして私は、流れについていけず『ちょっと待って』、おいてかないで・・・と思ったのでした。このドラマはこれまでの見方をしていてはどんどん置いてきぼり、されそうです。

ただ、やっぱり、見てておもしろいので見続けているんです。
秀吉(笹野高史)は、画面に登場するだけで見ごたえあるし、
家康(松方弘樹)、それから、三成(小栗旬)の思惑とか、
景勝(北村一輝)は、何しに小田原に来たんでしたっけ?(シツレイ)
そうそう、今夜でいうなら、北条氏政(伊吹吾朗)がいい味、出してましたし・・ね。

今後、伊達政宗が小田原に遅れたということで 伊達の領地、会津領は没収され
いよいよ会津は、上杉の手に。
関が原まで、あと10年とのことでした。

スス~ッといなくなった遠山さん、またどこかで登場しますね、きっと。



関連記事
スポンサーサイト
書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ