やっと見つけた本

以前、一度読んだはいいけど、失くしてしまった本があり

お粗末だけど、タイトルも忘れてしまい、

誰が書いた本なのかわからなくて、(忘れて)

でも、その本の中身だけはしっかり頭の中に残ってて・・

最近、またその本のことがなんとなくひっかかり、

脳裏に浮かんでは消え・・の状態でした。

こんなこと初めてなんだけど。




昨日、とあるショッピングセンターで、

製品の仕上げを待つ時間が出来たので、(2時間)

店の中にある書店で、根性出して、探しました。

文庫棚の作家棚をひとつひとつ・・・・


そしたら、見つけた。

なぜ、わかったかというと、本の装丁と、本の裏表紙の「あとがき」から。


また、改めて読んでます。


今、なつかしい友に出会った感じ。

mixiでも、レビューを見つけた。

若い人と、オトナでは、評価がまるで違っているのが興味深いです。

もう一度、ちゃんと読んでみようと思ってます。

作家 喜多嶋隆  でした。

関連記事
スポンサーサイト
書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ