旧姓で呼ばれる・・・・・

このところ、続けて、同じような場面に遭遇しました。同じ言葉を耳にしました。
それらは、「夏休み」らしい出来事でした。


まずひとつめ、
レイトショーで映画を見に行った時、開場待ちでロビーの椅子に座っていた時、
不意に耳に届いた言葉…

レイトショーの遅い時間に知り合いに会うなんて初めてのことで、「こんなところで会うなんて奇遇だね。」から始まって、話を聞くと、子供も大きくなったので一家揃ってレイトショーにやってきたという同級生との偶然の再会でした。


ふたつめ、借りてきていたDVDを、家でのんびり見ていた時、
ケータイが鳴り、出ると耳に届いた言葉…

夏休み、お正月と、節目ごとに声かけしてくれる電話の相手は
「いつもの飲み会」への誘いの電話をしてくれる同級生でした。


みっつめ、いつも買い物に行くお盆休みで賑わうスーパーの駐車場、
車を停めいつもより人の多い駐車場を歩いているとき、耳に届いた言葉…

横浜から帰省していて、買い物に来たというスーパーの駐車場で会った友は中学校時代の仲良しグループのひとりで、実に8年ぶりの再会でした。互いに手をとり、その場で抱き合ってしまうほどの嬉しい再会を喜ぶ私達の姿には、お互いの連れが、ポカーン(笑)




『○△□!?』←私の旧姓


私のことを覚えてくれていて、声をかけてくれる同級生たち。

同級生はいくつになっても同級生。
顔を見たとたん、
声を聞いたとたん、時間が一気にさかのぼる気がします。

それぞれの通ってきた時間といっしょに過ごした昔の思い出が瞬間、重なり、
なんともいえないなつかしく、いい気分を味わうことが出来ました。

それにしても、、
「旧姓」で呼ばれたとき・・・・・
すぐには反応出来なくて、一瞬、「間」を置いてから応答する自分は、遠くまで来たってことかなぁ。



関連記事
スポンサーサイト
書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ