大道芸に「笑った」日

今日、出かけた「三井アウトレットパーク仙台港」内をブラブラ歩いていたとき、
どこからか音楽が聴こえてきたのでなんとなく音のするほうに引き寄せられて行ってみると
風船を使ったストリートパフォーマンスが始まるところでした。

「はじめて!」

「楽しそう!」

私は、こういうの好き。
でも、ズンズン前に出て見るのは気が引けるので、脇からコソコソ・・・
始まったばかりのころ、人はまばら。
しかも、中央に固まるのではなく、あちこちにぱらっ、ぱらっ・・・って感じ。
それを、うまい口調で真ん中に集めまとめようとするパフォーマーさん。
ぱらっぱらっの人たちは、ススス・・って感じで中央に寄ってくる。もちろん、私も主人も。

「おっ、なんか、このひと、すごいかも!」

そう思って、しばし見ることに。





気がついたら、手拍子しながら、夢中で見てました。廻りの人たちもそう。
曲に合わせたネタ混じりのジャグリングやコマのスゴ技に夢中。
風船をネタに子供たちや観客をいじりまわす姿もおもしろい。
しかも、いやらしい感じがなく好感持てます。
人は、いつのまにかたっくさん。2階から眺めてる人たちもたくさん。
ステージの後ろにいる人たちには「そこにいるとみえないよー」と声をかけるパフォーマーさん。
ステージ前の人たちには、
「後ろにいるひとたちが、前に来るように大袈裟な歓声をお願いします」とヒソヒソ声かけするパフォーマーさん。
みんなで手拍子して笑って楽しみました。
トークやテンポが絶妙で、すごく面白かったです。


ストリートパフォーマーさんの名前は「川原彰さん」
横浜では、有名な大道芸人だと、家に帰ってきてからネットで知りました。

そういえば
「横浜から5時間かけてやってきました!」と、言ってたっけ。
「大道芸暦16年の39歳」なんてことも。


akira kawahara - Street performer

投げ銭もさせてもらいました。川原さんの帽子の中は千円札で、いっぱいでした。
偶然に、楽しいものを見れて「笑った」日。
いい休日でしたよん。



関連記事
スポンサーサイト

tag : おでかけ

書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ