J-POPと歌謡曲の話(その1)

『王道進行』っていう言葉、

10月ごろから、「はてな」キーワードでこの言葉を見かけました。そのときは、個人的に忙しくてゆっくり出来なかったのでそのままだったけど、気持ちに余裕が持てるようになった頃、引っかかっていたその言葉、そこから、いろいろ検索していったらおもしろくていつかキロクしておきたいと思いながら日々過ぎていきまして。mixiのマイミクさんが、少し前にカラオケの日記を書いてて、合わせて歌謡曲のことも書いていて、それを読ませてもらってたら、このこと思い出して、そろそろ書いてみようかな・・・と思った次第です。(^^ゞ

この「王道進行」とは、音楽のコード進行の呼称で、切ないメロディとか、いわゆる泣きメロといわれる(和音)コード進行らしいです。ニコニコ動画に解説付きで教えてくれる動画がupされてます。前編10分・後編13分に分かれている長い動画なので時間のあるときにどうぞ。でも、これ見て、私は、「なるほど!」でした。



D



D


私なんて、よく聴いてる曲ばかりで、好きな曲も多いです。


なんで、このフレーズが日本人は好むかってことを解説しているページは見つけられなかったけど、このページが、そうなのかなぁ~となんとなく思いました。でも、このページ、私には難しいです。

みくみく実験室: なぜ音階は「ドレミファソラシド」なのか

簡単にいうと、この和音が心地良く脳に響くってことなのかも。


コード進行といわれても、私、楽器の類はピアノとか、鍵盤を叩くくらいはできるけど、(ネコ踏んじゃった・・とか簡単なもの 笑)ギターなんかは出来ません。だから、詳しい解説はムリですが、でも、この和音のフレーズ(コード進行)なじみがあるし、現在までほんとに浸透してると思いました。80年代の頃、歌謡曲がJPOPと呼ばれるようになってから、それから90年代に出てきた小室サウンドといわれている音楽、最近のエイベックスとかもだけど、よく使ってますよね。小室さんの場合は、シンセを多用して音楽を作り出してきたわけで、カレの、音を作り出すって作業は、感性から出るものもあったかもだと思うけどPCをいじくる作業に似たものではなかったのかなぁと思えたりしますが。


(注)今現在のこの方の状況云々はまったくもって無視した上での意見です。




その上で、何が問題なのかってことは、動画をupした方も言ってますけど、これを多用することでサウンドが形骸化(「枠が同じ」という意味で)しているってことだと思います。でも、この動画を見てみて、「なるほどな~」と思うと同時に、好きなアーティストがいて、好みの曲があって、それなら、「そんなことどうでもよくない?」と思えるのも事実。音楽っていうのは、個人が楽しめてその人の心の琴線にふれればそれでいいと思うんですよね。


最近、知った曲、なんか、いいなぁと思ってたら、

まさしくこのコードでした。

http://d.hatena.ne.jp/video/youtube/b6l5C7_2JA8"> D

LG Yankees「Dear Mama feat.小田和正/Eternal」





J-POPが流行る以前、歌謡曲と言われる音楽が全盛でした。私が、子供の頃から、聴いてきた音楽。難しくなく誰にでも覚えられる歌詞やメロディがあって、そこには、「情緒」というものが含まれていた気がします。テレビでは多くの音楽番組を放送し、聴かせる歌手と呼ばれる人たちがいました。ヒット曲といわれるものは長く歌われ、多くのひとに慕われるものが多かったように思います。


ずっと前に、NHKのBSで放送した阿久悠さん追悼番組を見ました。歌謡曲の時代をその時代を照らし合わせながら曲とともに紹介した番組です。とても見ごたえがあって、おもしろかったです。これ見て、すぐに日記を書こうと思いながら、やはりズルズル過ぎてしまってまして。(^^;

それから、、歌謡曲の話には、欠かせない人物がいます。「半田健人」くん。我が愛すべき「仮面ライダー555」を演じた役者さん。今は、誰よりも歌謡曲を熱く語る人物です。

長くなるので、これ以後の話は、また今度にします。



時代が変わったといえば、それまでだけど、今、私が70年代、80年代の歌謡曲を思い出のメロディ~♪なつかしのメロディ~♪なんて思うけど、今の曲には、少し時間がたったころ、長く愛されてみんなが歌える曲ってどのくらい残るモンなんでしょうね。今年で言うなら「ポニョ」とかでしょうか。

今度、テレビやラジオやどこかで流行りの曲を聴く機会があったとき、和音(コード)に耳をそばだててみると面白いかも・・です。



参考にしたページ

[解説]小室サウンド、音楽「大量消費時代」を体現 : 小室事件 : 特集 : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

JPOPサウンドの核心部分が、実は1つのコード進行で出来ていた、という話 - 音極道 Music Hacks

関連記事
スポンサーサイト
書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ