今、読んでる本

人とつながる表現教室。 (河出文庫)人とつながる表現教室。 (河出文庫)
(2009/09/04)
山田ズーニー

商品詳細を見る


ほぼ日刊イトイ新聞で、「おとなの小論文教室。」を連載されてる山田ズーニーさんの
私の使う会社のPCがネットにつなげるとたまに落ちてしまうので、休憩のとき、ネット巡回が出来なくなってきたので、そのかわりにを開いて息抜きをしています。このは、さくさく読めてしまうやさしい文章と、心にズシリとストレートに響いてくるズーニーさんが生み出す数々の言葉にページの端を折ること、しばしば。
何度も読み返したくなるです。





ゴールデンスランバーゴールデンスランバー
(2007/11/29)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


お正月前に買って、なかなか進まないんですが、(遅い)
読んでから、映画に行くんだ!

伊坂幸太郎さんの作品は、好きです。なかでも、「重力ピエロ」がいちばんお気に入りで、次が「終末のフール」
この方の作品って、散りばめられた点があちこちにあって、それらがひとつの線にむすびつく過程とか、登場人物が他の作品とリンクしているところもおもしろいです。そんな人物描写は、決してアクが強い人たちではないのに魅力的に描かれているところもいいです。




レインツリーの国レインツリーの国
(2006/09/28)
有川 浩

商品詳細を見る



有川浩さんの作品。少し前に読了しました。
これを読んで、この方の作品、『続けて読みたいわーー病』に罹ってしまってます。私は、図書館戦争シリーズから入りましたが、この方の描かれる世界観っていいなぁ。仕事がおちついたら、図書館通いするんだ!


「レインツリーの国」感想は、いずれちゃんと書きたいなー。




就活のバカヤロー (光文社新書)就活のバカヤロー (光文社新書)
(2008/11/14)
大沢 仁石渡 嶺司

商品詳細を見る


これも、少し前に読了。就職活動、ほんとに大変だと思います。このは、今の時代の就活のありかたの矛盾を解いてますが、でも、現実にこの状況であるかぎりこのままいくしかないわけで、ちゃんと現実を見据えていかなければいけなくて・・・。。このはそんなとき、自分を見失うことなく進むための参考にはなるのではないかなと。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

tag : 山田ズーニー 伊坂幸太郎 重力ピエロ 有川浩

書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ