2009年ふたつめも紅白・・

感動の気持ちのままで書いたミスチルの記事。

それは、夜が明けた今も変わりは無く

何度も録画したもの見てます。

だけど、やっぱり他に言いたいこともあるので・・

「紅白」を見て思ったことなんか、書こうと思ったんですが

楽しみにしてたんですよね、応援隊として参加のセクシィ~部長とか・・・。

どういうふうに見せてくれるのかと思って待ってたんですが

時間がなかったのか、どうなのか・・・

コントがグダグダだったように感じました。

残念だったなぁ。


他にも・・・・

美川憲一「さそり座の女 2008」去年は「2007」だったらしいけど。

アレンジ変えて同じ歌ってナンなんでしょ?しかも、ただうるさいだけ。

あんなもん見たくないです。

ダメなとこ、ひとつひとつ並べていくとキリがないのでやめときますが、



「歌」を聴かせて欲しい・・・・・



その点、ジェロとか、

40歳の会社員で4人の子持ちの男性シンガー木山裕策さんとか

感動しました。「home」いい曲だったなぁ。

それと、やっぱり「いのち」とか「生きる」ってことには

過剰に反応してしまう自分がいまして、

森山直太朗さんとアンジェラ・アキさんと平原綾香さんの歌には

見入ってしまいました。

大トリの氷川きよしさんも、、

一生懸命、歌ってる姿には感動を覚えました。

「ズンドコ節」で、感動するなんて思わなかったです。


過剰な演出や、どうでもいいようなコントはいいです。

観る者を惹きつけるステージをお願いしたいものです。


紅白は、子供の頃からずっと見てるので、思い入れも大きいです。

夕べも思い出したことだけど、

私の家は商売をしていたので、

大晦日は、父・母が元朝参りに出かけてました。

行き先は、お祭りのように出店のたくさん出る、とあるお稲荷さん

いつも、紅白の途中に家を出るんだけど

紅白も見たい・・・けど、子どもだった私は親といっしょにお参りに出かけたくて

車の中でラジオで紅白を聴きながら・・・・だったんです。

ラジオで歌う方の衣装をアナウンサーの人が説明するんですよ。

それを想像しながら、聴いてました。

帰りは、車の中で眠ってしまって元日の午前3時か4時ごろ家に着いて。


紅白を見ると、毎年、そんな昔のことを思いだします。


そういえば、子供の頃って、

好みの歌手がいると、「赤」が勝ってほしいとか

「白」の勝ち・・・とか思っていたものだけど、

いつのまにか、そんなもんはどうでもよくなりました。

もちろんですが、視聴率うんぬんの話題もまったく興味がなくなったなぁ。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 音楽的ひとりごと

書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ