加瀬亮さん

仕事初めとともに期限の短い作業ばかりが続き

思っていた以上に仕事に追われてしまっていて

気持ちになかなか余裕が持てない状況です。

毎年のことだけど、残業続きでPCに向かう時間もあまりとれないので

手の空いた時間に更新。(^^;

今夜10時からドラマ「ありふれた奇跡」がはじまります。

仲間由紀恵さん・加瀬亮さん主演。山田太一さんテレビドラマ最後の脚本とも言われています。



DVD「それでもボクはやってない」の演技を見てから加瀬さんに注目してます。

それでもボクはやってない スタンダード・エディション [DVD]

それでもボクはやってない スタンダード・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • 発売日: 2007/08/10
  • メディア: DVD

「それでもボクはやってない」は冤罪事件の話。

我が家ではまず、二男が見て、見終わってから私に「お母さん、これ面白いから絶対見たほうがいいよ。」と熱く語ってくれた作品。

確かに、見てよかったと思えた作品でした。この話は事件モノを扱っているのに、堅苦しい感じは無く、どうなるんだろうという思いが先にたち、しかも、いろんなことを考えさせられた話でした。

やってない罪だとしてもやったと認めてしまったほうが得なんだ・・という考えが通用してしまう社会と、裁判は、何のために誰のためにあるの?というギモンから始まり人が人を裁くことの難しさとかそれらが合わさって不条理なことが理にかなってしまう恐ろしさを感じた作品でした。

「自分を裁けるのは自分だけ」と加瀬さん演じる主人公がラストにポツンと語る言葉が重いです。

そんな加瀬亮さん連続ドラマ初主演だそうです。

今まで、連続ドラマに出演しなかった理由はこちら。

加瀬亮さん(ありふれた奇跡) : インタビュー : Y&Yテレビ : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


避けてきた理由は2つ。

「映画の合間を縫ってまでやる気になれなかった。」そして、「最終回までの台本が完成していない段階で撮影が始まるため」だ。じっくりと台本を覚え、役を消化してから撮影に臨む自分のスタイルに合わないと思っていた。それでも今回出演を決めたのは、山田太一が脚本を手がけるからだ。「山田さんのエッセーが好きで、実際に台本を読んでみたかった」台本に目を通すと、「ハッとさせられる言葉がいっぱい。人は理屈じゃないし、不合理」山田の人間観察力に驚嘆した。

加瀬さんが物事をじっくり見据えることの出来る人だからこそいえる言葉ではないでしょうか。


今夜10時、「ありふれた奇跡」楽しみです。

眠たくなったら、録画します。(^^;

関連記事
スポンサーサイト
書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ