5年越しの、はじめての、「せんくら」

日曜日、「せんくら」こと仙台クラシックフェスティバルに行ってきました。
仙台クラシックフェスティバルとは、仙台市内で行なわれるクラシック音楽のイベントで今年で5年目です。
10月の初めに3日間、市内を走る地下鉄沿線にあるホールなど4カ所の施設(10カ所の会場)で101のコンサートが開催されます。1つのコンサートの時間は1時間程度で、料金も1000円(または2000円)と気軽な値段でクラシック音楽を聴けるのが大きな特徴。国内外から有名な音楽家さんたちもやって来たり、そこに市民もいっしょになって参加出来たり・・と音楽好きに壁も無く、自分の好みやフリーな感じで音楽を楽しめるというようなイベントだと思います。


仙台クラシックフェスティバル2010


私は、5年前に「せんくら」が初めて開催された年に偶然、ネットで知って「これは、行きたい!」と思いチケットをとったのですが、どうも、毎年この時期は個人的にいろいろなことがありまして、チケットを購入していても参加出来ず・・の年が重なり、今回が5年越しの、そして初めての参加となりまして、なんだか感慨深い思いを感じてしまいました。


senkura-1.jpg



さて、今年の「せんくら」
私は、今回、運良くフィナーレコンサートのチケットを手に入れました。

曲目は、

♪ モーツァルト:フルートとハープのための協奏曲ハ長調K.299(フルート:高木綾子、ハープ:吉野直子)
♪ ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調題楽章「合唱」(せんくら合唱団)

フルートのソロが素晴らしかったです。席はかなり後ろのほうだったけど演奏者のブレスの音がはっきりと聞こえて、カラダ全身を使って演奏してるんだなーって圧倒されました。
ハープの音色は、気持ちいいですね~。私の隣りにダンナさんが座り、その隣に座った30代っぽい男性、私の座る位置からも寝てるな!っていうのがわかりました。きっと気持ちよかったんでしょうね。
でも、演奏が終わったと思ったら、そのひと!
唐突に拍手しだして「え~、絶対に聴いてなかったでしょー!」と心の中で思ってしまいました。笑


第九は、前にもナマで聴いた事があるけど、合唱団が加わると、素晴らしいですね。ある箇所で、某アニメのキャラ、カヲルくんを思い出してしまうのはいつものことで、聴きながらニンマリもしてしまったりしたけど、素晴らしい演奏でした。

kaoru.jpg

2曲が終わってラストにステージと観客と一体になって「威風堂々」を歌って大団円でした。

また、いけるといいなー。「せんくら」


そういえば、コンサートの待ち時間に会場のイズミティ21内に物産を販売したり、買ったその場で食べたりできる休憩スペースがあって、そこに、以前、仙台市内で「美味しい」と評判のお店、3年前に一度だけ食べたことのある「ぷりん」に再会したんです。

「プリン専門店「ぷりん家」
http://www.purin-ya.com/index.html

今回の再会プリン、「濃厚ぷりん」というものを食べましたです。

purin.jpg


美味しかったですよ。



関連記事
スポンサーサイト

tag : 観賞

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

前田綾子の教室いらずの自宅で簡単フルートレッスン

どうしてこうもフルートが上手くならないの? 学生時代に憧れたフルートだけど、や...
書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ