無花果の甘露煮

今季、4度目の「無花果の甘露煮」です。
家族が喜んで食べてくれるので、また、作ってしまいました。

20101013065249.jpg

今回は超手抜きで、あく取りだけはコマめにしたけど、あとは水と砂糖だけでコトコトコトコト。
時間でいうと、10時間くらい。途中に少しだけ水は足しながら、煮て、寝かせて、煮て、寝かせて、煮て・・・の繰り返し。煮てる間、家の中が無花果の香りにつつまれるのが、いい感じ。
今回は、時間をかけたから・・かな、実はふっくら、色はあめ色に、甘さもほど良く美味しく出来ました。あとは冷蔵庫に入れ、冷してからいただきます。口に入れるとトロけそうな食感といっぱい詰まっている小さな種のプチプチ感がたまりませんのです。



無花果は、この時期、スーパーの店先にビニールの袋に入れられて並んでいますが、私が、子どもの頃は、柿の木と同様、けっこうあちこちのお家の庭に植えられていたような気がします。子どもの頃の私の家にもあり、秋が深まり、実が成ると、祖母や母が枝から生ったばかりの実をもぎとり、ひとつひとつ丁寧に洗って、大鍋にたくさん煮てくれました。

私も、そんなふたりの真似事をしてみたくなり、いつのまにか毎年、作るようになりました。そして、今年は、「木を植えてみようか。」ということになり、少し前に買ってきてしまいました、苗。

実がなるまで、どのくらいの年月が、かかるのだろう。


201010130622.jpg
無花果の苗





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ