「犬」の本、「猫」の本

休日、本屋さんを見て歩くのが好きです。
「いいなー」と思う本がみつかるとうれしくて。




犬 (中公文庫)犬 (中公文庫)
(2009/12/22)
幸田文川端康成

商品詳細を見る


幸田文,川端康成,志賀直哉,伊藤整,長谷川如是閑,網野菊,林芙美子,阿部知二,徳川夢聲






猫 (中公文庫)猫 (中公文庫)
(2009/11/24)
大佛 次郎有馬 頼義

商品詳細を見る


大佛 次郎,有馬 頼義,尾高 京子,谷崎 潤一郎,井伏 鱒二,瀧井 孝作,猪熊 弦一郎


どちらの本も昭和29年に発刊されたものを、
クラフト・エヴィング商會さんの装丁・新デザイン・追録などにより発行した本です。
これらは、その文庫本。


文豪による犬を題材にした随想集
文豪による猫を題材にした随想集
書かれた方の顔ぶれをみるとわかりますが、
作家さんたちそれぞれの日常と愛しきモノたち、
その時代までも感じることの出来る良本だと思います。
そして、それぞれにすごく個性的な文章。
犬好きと猫好き、それぞれに趣きがあり、味わい深いお話ばかりです。



「犬」
ひと昔前って今、巷にあるような飼われ方をしていません。
本来の犬と人間の付き合い方が書かれてる・・・
そう思いました。


「猫」
いいなー。猫って気ままで自由で、犬とは違うね。
もし、猫がここにいたら、私はきっと従ってしまいそう。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

tag :

書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ