「エースをねらえ!」から

「エースをねらえ!」というスポ魂マンガがあります。

このマンガの中にも出てくる言葉で、

いつもこの時期になると、思い出す言葉があるんです。

「冬来たりなば、春遠からじ」



岡ひろみがオーストラリアに遠征中、日本で宗方コーチが逝ってしまうんです。

コーチの死を知らずに試合を続けるひろみに、両親が手紙を出して近況や励ましとともに

伝えた一言が『冬来たりなば春遠からじ』でした。


時々、読みたくなって本棚の奥から出してきてこのマンガ読んでます。

大好きなマンガです。



暦をみてみると、大寒も過ぎて、次は立春だもんね。

この「大寒」「立春」は、二十四節気と呼ばれるもの。

そして、冬と春が分かれる節目が「節分」

この日に、冬の間にこもってしまった邪気を追い払う意味を込めて豆まきをして、春を迎えるんですよね。

今年は盛大にやろうかな。

あとの掃除が大変かな。( ̄∀ ̄*)



二十四節気、wikiから引用してみます。

 二十四節気は、太陰暦を使用していた時代に、季節を現すための工夫として考え出されたもので、1年を24等分にし、その区切りに名前をつけたものです。現在でも季節の節目節目に、これを示す言葉として使われています。


二十四節気一覧

○春

  • 一月 : 立春(315度、2月4日)- 雨水(330度、2月19日)
  • 二月 : 啓蟄(345度、3月6日)- 春分(0度、3月21日)
  • 三月 : 清明(15度、4月5日)- 穀雨(30度、4月20日)

○夏

  • 四月 : 立夏(45度、5月5日)- 小満(60度、5月21日)
  • 五月 : 芒種(75度、6月6日)- 夏至(90度、6月21日)
  • 六月 : 小暑(105度、7月7日)- 大暑(120度、7月23日)

○秋

  • 七月 : 立秋(135度、8月7日)- 処暑(150度、8月23日)
  • 八月 : 白露(165度、9月8日)- 秋分(180度、9月23日)
  • 九月 : 寒露(195度、10月8日)- 霜降(210度、10月23日)

○冬

  • 十月 : 立冬(225度、11月7日)- 小雪(240度、11月22日)
  • 十一月 : 大雪(255度、12月7日)- 冬至(270度、12月22日)
  • 十二月 : 小寒(285度、1月5日)- 大寒(300度、1月20日)


日本の暮らし二十四節気めぐり 言の葉草 | 伊勢志摩の旅 よいとこせ

こんなステキなページ*1も見つけました。

ここをみると、今頃は「待ちわびる春」の頃とありました。


寒くて縮こまってしまう季節、だからこそ、お日様の光を浴びて大手を振って歩ける時がうれしいもんです。

そして寒さが厳しければ厳しいほど、春のあったかさが身に沁みる気がします。

季節は巡り、春は、もうすぐ。

誰もがあったかい春を迎えられますように。




関連記事
スポンサーサイト

tag : 漫画

書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ