箱根駅伝2011

箱根駅伝:早大が総合優勝 史上3校目の学生駅伝3冠も


第87回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)は最終日の3日、神奈川・箱根町から東京・大手町までの復路5区間109.9キロに20チームが参加して行われ、往路2位の早大が往路優勝の東洋大を逆転し、10時間59分51秒の大会新記録で18年ぶり13回目の総合優勝を果たした。優勝回数は歴代単独2位となった。早大は昨秋の出雲全日本大学選抜駅伝、全日本大学駅伝に続く優勝で、90年度の大東大、00年度の順大に次ぐ史上3校目の学生駅伝3冠を達成した。

 トップと27秒差で復路に臨んだ早大は、6区で高野寛基(4年・佐久長聖)が東洋大を抜いて首位に立ち、その後も独走。10区で東洋大に猛追されたが、辛くも逃げ切り、復路でも18年ぶり16回目の優勝を果たした。1位とのタイム差が史上最小の21秒差で敗れた東洋大は、史上6校目の3連覇を逃した。

 10位以内に与えられる次回のシード権争いは、7位の拓大が13年ぶり、10位の国学大が初の権利を手にした。金栗杯(最優秀選手賞)は、2区で歴代2位となる17人抜きを演じた東海大の村沢明伸(2年・佐久長聖)が初受賞した。(スタート時の気象条件=晴れ、気温氷点下1.4度、湿度90%、風向不明の風0.3メートル)

毎日新聞 2011年1月3日 19時04分(最終更新 1月3日 20時21分)より







近年まれにみるスピード勝負で、たくさんの見応えがあり、
とってもおもしろかった今年の箱根駅伝でした。

優勝した早稲田大学は、学生駅伝3冠で、
渡部駅伝監督の胴上げには、テレビを見ていて感動しました。

東洋大は、本当に惜しかった!

1区からの区間賞だけを見ると、

往路
1区:大迫傑 (早大) 1:02:22
2区:村沢明伸 (東海大) 1:06:52
3区:O・コスマス (山梨学院大) 1:02:19
4区:西村知修 (帝京大) 0:54:34(区間新)
5区:柏原竜二 (東洋大) 1:17:53

復路
6区:千葉健太 駒大 0:58:11(区間新)
7区:窪田忍 駒大 1:03:43
8区:千葉優 東洋大 1:06:13
9区:田中貴章 東洋大 1:09:46
10区:山本憲二 東洋大 1:09:36

こういう結果なんですよ。

この結果での東洋大の2位は、あと1歩及ばずって感じで、
まったくもって残念だったと思います。
でも、それ以上に早稲田の総合力が勝っていたということでしょうね。
早稲田大学の渡辺駅伝監督の胴上げは、本当にうれしそうでした。


10位以内に入ると自動的に来年の箱根駅伝に出場できるという
シード権争いも、今年ほどし烈な闘いは無かったように思います。

ラストに國學院大學が、コースを間違える!!
なんてアクシデントもあったけど、なんとか間に合って、そのすぐ後ろを走っていた
城西大が、シード落ち・・・・・・


10位:国学院大 11:13:23
-----------------------------
11位:城西大 11:13:26





でも、走り終わったときに、すでに次に目標を持つんだ!!
というような選手の姿も見れたし、
そんな選手の頑張りには、見ていて、たくさんパワーをもらったような気がします。

私も、がんばらないと!

駅伝っていいなーと、そう思いながらテレビ観戦した2日間でした。


以下、区間ごとに簡単にまとめ、、、


1区、
早稲田のルーキー大迫くんがずば抜けて早かったですね。そして、それについたのは日大の堂本くん。ほかの18チームは、そのやや後方でだんご状態でした。後半、大迫くんのスパートに堂本くんがついていけず、結果、大迫くんは区間新の素晴らしい走りで1位。駒澤の油布くんは3位でした。大迫くんと油布くんはまだ1年生、今後がとても楽しみです。


2区、
早稲田の平賀くん、東洋大は双子の1年生の兄、設楽啓太くん。それから、東海大の村澤くん、明治の鎧坂くん、日大のベンジャミンや拓大のジョン・マイナ、山梨学院は高瀬くん、上武大の長谷川裕介くんなど注目の選手がたくさん。
そんななか、1位は早稲田の平賀くん、2位は日大、ベンジャミンが揺るぎが無く、拓大のマイナが14人抜きをするものの後半は遅れ、1区で20位の最下位で襷をつないだ東海大の村澤くんが17人抜きで3位に。明治の鎧坂くんは4位、東洋大の設楽、兄は6位でした。


3区、
早稲田はエースの小栗旬に似てる(と思ってる)矢沢曜くんが登場。東洋大は双子の1年生・弟の設楽悠太くんが兄から襷をつなぎました。そのほか、山梨学院はコスマス、駒大の上野渉くんなど、ここにも注目の選手が。ラストは早稲田の、小栗旬に似てる(と思ってる)矢澤くんは踏ん張って1位通過。2位東海大の元村くん、3位は明治の菊池くん。駒澤の上野くんは、5位、しかし、2区で2位だった日大は、6位に、東洋大は7位に後退してしまいました。


4区、
早稲田の4区は、2年生の前田くん、東洋大は朝、エントリー変更された宇野くん。明治のルーキー・北魁道くんなど注目選手が登場しました。駒大はエースの久我くんも。3区、小栗旬に似てる(と思ってる)早稲田の矢澤くんから襷をつないだ前田くんは、順調に1位。東海大も変わらず2位。しかし、3位に東洋大の宇野くんが入り、明治のルーキー北くんは4位でした。だけど、記録を見ると、8位でたすきリレーした帝京大の西村くんがなんと、7人抜きをしていて、区間新記録を達成。


5区、
2年連続区間記録を更新の『新・山の神』(と云われている)東洋大の柏原くんに大注目。今期はずっと不調だったらしく、「どうなんだろう・・・」と走りをみてみないとわからないといった具合でなんだか、テレビの前にいても不安でした。早稲田は伊勢路で素晴らしい走りを見せてくれた4年生の猪俣くんが初めての箱根。さらに東海大は早川くん、、昨城西大の田村優典くんと日大の田村優宝くんの兄弟対決も注目でした。
結果はいうと、3位で襷を受けた東洋大の柏原くんは、やはり、首位に。しかし、猪俣くんは、2位に後退するものの柏原くんから離れることなく27秒差で、2位。これは、とても立派だったと思います。東海大の早川くんも、素晴らしかったし山の攻防は、見応えがありました。柏原くんは、泣いてましたね。きっと今年、これまでの辛かったことを思い出していたんでしょうね。


6区、
往路優勝した東洋大から、タイム差順にスタート。東洋大は昨年も6区を担当した市川くん。2位の早稲田は、4年の高野くん。そのほか、昨年6区で区間賞を獲った駒澤の千葉健太くんなど注目。
いや~、この6区、いちばん見応えがあったと思います。市川くんと高野くんの抜きつ抜かれつの首位争いは、すごかったです。高野くんの走り方は見てると、すごく腰に負担がかかってて、ラストまで持つんだろうか・・といらぬ心配をしてしまうほど、でしたが、そんなことは心配無用で、本当に素晴らしかったです。1位は、早稲田、2位、東洋大でした。そして、区間賞は、というと、駒澤の千葉健太くんが区間新記録という素晴らしい記録を残したり、ほんとにおもしろくて、心に残るであろう6区でした。


7区、
東洋大は大津翔吾くん、4年生。早稲田は故障の佐々木くんに代わり三田くん。山下りで3位に浮上した駒澤は、ルーキーの窪田忍くんが登場。その窪田くんが区間賞のなか、1位、早稲田、2位、東洋大は1分24秒と時間差をひろげてしまいました。


8区、
早稲田は4年の北爪くん、東洋大は3年連続で千葉優くん。2校を追う駒澤は高瀬くん。早稲田の北爪くんが1位を守る中、区間賞は東洋大の千葉くん、、と1位との差を縮める走りをしました。


9区、
復路のエース区間と言われる9区。早稲田は八木くん。東洋大は、昨日、1位でゴールした柏原くんに「やったぞ!田中」と名指しされ、昨年7区区間賞の田中くんが登場でした。仲が良いんだろうなー、このふたり。さて、そんな9区は、どうだったかというと、1位、早稲田、2位、東洋大は変わらずでしたが、田中くんは、区間賞を獲る走りで、またまたトップとの差を縮めました。勝負は、アンカーに。本当に、今年は目が離せない展開でした。そして、トップ争いの陰で、シード権争いも熾烈で、8位グループに4校、5校が連なるなど、どこが、どうなるのか、まったくわからず状態のまま最終区、10区へ。しかし、往路で2位にまでのしあがったのに、その後、順位を下げた日大はここで、襷を繋げないという結末に。残念。><


10区、
ゴールを目指す早稲田のアンカーは主将の中島賢士くん。東洋大は3年の山本くん。一時、21秒まで差を縮めるも、首位は譲らず早稲田が18年ぶりに総合優勝。10時間59分51秒(大会新)でした。2位の東洋大は11時間0分12秒。同じく「大会新」という素晴らしい記録でした。シード権争いは、日体大、國學院大、青山学院大、城西大の4校がゴール直前まで競り合い、國學院の寺田くんがコースを間違えるというアクシデントにもかかわらず日体大、国学院大、青山学院大がシード権を獲得しました。



というわけで、アンカーのゴール地点での早稲田の選手が歌う「都の西北」に、テレビの前でなぜか感動してしまい、仲間っていいもんだなーと思うとともに、来年以降がまたまた楽しみになった今年の「箱根駅伝」でした。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 箱根駅伝
ジャンル : スポーツ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【スポーツ】第87回箱根駅伝、早稲田大学が逆転で総合優勝

今年は優勝争いも、シード権争いもデッドヒートでした。 箱根駅伝復路。今日は自宅でほぼスタートからゴールまで見る事が出来ました。 昨日の往路が東洋と早稲田の差が30秒切っていたし、シード権争いも混戦だったから、今日は見応えのあるレースになるだろ?...

【箱根駅伝】早大が優勝、東洋大2位、駒大3位

2011年箱根駅伝は、早大が18年ぶりに優勝しました。 早大は、出雲、全日本、箱根と史上3校めの3冠を達成しました。 東洋大は、早大と優勝争いを展開しましたが、21秒及ばず、3連覇をのがしました。 駒大は、当初の目標の3位を確保しました。 ...

【スポーツ】第87回箱根駅伝、早稲田大学が逆転で総合優勝

今年は優勝争いも、シード権争いもデッドヒートでした。 箱根駅伝復路。今日は自宅でほぼスタートからゴールまで見る事が出来ました。 昨日の往路が東洋と早稲田の差が30秒切っていたし、シード権争いも混戦だったから、今日は見応えのあるレースになるだろ?...

第87回箱根駅伝早大総合力で18年ぶりの優勝!シード争いは国学院大がコース間違いも滑り込みシード!

3日第87回東京箱根間往復大学駅伝競走 (箱根駅伝)復路が行われ、 早大が6区で東洋大を抜き去るとそのまま最後まで 首位を譲らず逃げ切り18年ぶりの総合優勝を果たした。 レ ...

第87回箱根駅伝 駒澤大は総合3位 優勝は早稲田

さて、箱根駅伝復路が間もなくスタートします。
書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ