夜明け前が一番暗い

『夜明け前が一番暗い』
よく言われる言葉です。それは、「苦難の時を乗り越えれば、きっと光は見えてくる」「朝の来ない夜は無い」などと、自分を励ますために使われる名言的な言葉の喩えで云われたりする場合もあるけど、そういうことでなく、実際に夜明け前ってすごく暗いと思うんです、特に今ごろの季節。

早朝、私が起き出してきても、まだわんこは寝たままで、ゴソゴソしてても起きなくて、「起きなよ、散歩行くよ。」と何度か声をかけて、ようやく目を覚まし、背伸びをし寝床からでてくるわんこ。

外に出ると、空気の冷たさが皮膚に刺さってくるようで、空を仰ぐと、まだ星は煌いたままで、家々の灯りもほんの少し。しんと静まり返ったその中、暗い路を歩くと、寒さのせいだけでなく後ろに何かいるんじゃないかと思えるような、そんなゾクゾクする夜明け前。

白い息をはきながら、街灯の下に見つけた霜柱をサクサク踏んでみたり、新聞配達の自転車とすれ違って挨拶を交わしたり、そんなふうにひと歩きしてくると、東の空がどんどん群青色に染まってきて、少しずつ家々の灯りが増えてきて、一日が始まろうとする時間。夜の散歩とは雰囲気がまるでちがう夜明け前の散歩の時間。

yoakemae.jpg

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ