後輩

朝、会社の玄関の扉を開くと、中から女の子の大きな笑い声がいきなり耳に入ってきた。
その声に圧倒されながら、背中を丸めたままで靴を脱いでると
「おはようございます!」と後ろからハツラツとした声が響いてきた。
車を停め駐車場から寒いなか歩いてきて、
それは、ほんの数歩なのに意気が下がってしまっていた私へ、寄せられた声だった。

「おはようございます」

急いで笑顔を作り背筋を伸ばし、先輩らしい素振りをして私は、その子へ挨拶を返した。

彼女は、こんなに元気。

普段、職場での場面でしか後輩を見たことの無かった私は
この日の朝の彼女の様子に面食らってしまったが
少しホッとするとともに、その元気、仕事でも生かそうよ・・・
などと、なんだか先輩らしい思考へ向かってしまった自分に苦笑いして、
そして、重たいコートを脱いだ、朝のこと。

いつも会社で見せてる顔が全てじゃないんだよね。
見えてるところだけで人を判断しちゃいけない、そう思った朝のこと。


関連記事
スポンサーサイト
書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ