つるし雛

もしかして、もっと前からいろいろな場所で飾られていたのかもしれませんが、
私が、気付いたのは去年のことでした。

ある場所を車で通りかけ、店の中のショーウインドウにたくさん飾られていて、
それが「つるし雛」だと知ったのはその店の前に置かれた小さな看板から。



0303-2.jpg

0303-3.jpg

0303-1.jpg


つるし雛、かわいいです。

昔、檀飾りの代わりとして、その家の女の子の幸せを願いひとつひとつ手作りで作られたものなんですね。それに、飾るものにはそれぞれ意味があるものだとか。

「雛のつるし飾りwiki

一部、引用しますと、

現代では、桃(長寿)、猿っ子(魔除け)、三角(薬袋香袋)を基本として50種の細工がある。これらを5列の赤糸に各11個の細工をつるし計55個にそろえ、これを対で製作することにより110の細工がつるされたものが基本型とされる。 一般に直径30cmのさげわに170cmの長さで吊るされ、飾りの数は3、5、7、9などの奇数で組み上げられる。この理由は、前述した様に縁起物であるため、割り切れる数字(偶数)を避けてのことである。古裂などを使い、鞠や雛などを制作しひもで繋いでつるしていく、地元女性の和裁細工として受継がれて来た。



今日は、ひなまつり。女の子のお祭りです。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : おでかけ

書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ