検査~わからないままに

東京に帰る知り合いの娘さんが帰京の前にスクリーニング検査を受けてきたそう。ここは、安心・・・・なはずなのに、自治体で検査場を常設しているんです。これまで、そんなこと考えたこともなかったけど、たくさんの地元の方が検査を受けているという、そんな話を聞いて「無料だし、受けてみようか・・」と思いたち、昨日、家族で検査場に行ってみた。結果は、もちろん異常なし。これまで、異常の出た方はひとりもいないらしいです。そして、そこで信じられないことを聞く。もし、万が一避難するようなことになったとき、「スクリーニング検査証明書」を持っていないと、避難所には入れない・・・・ってところがあるらしい。そして、検査をしていないと宿泊出来ない旅館やホテルが現にあったらしい・・・とも。そんなことが実際に起きている現実。定期的に検査は受けるべきなのか、その証明書の効力はどのくらいなのか、わからないままに、今、現実の出来事がここにある。

現実の出来事といえば、原発が徐々に好転してきたと感じられる昨日のこと、「あの場所はどうなってしまったんだろう」という気持ちでネットで写真を探した。
私が「海」と呼ぶ、子供の頃から何度も何度も訪れている場所。
記録を残したいということで、その場所を写真に撮りネットにUPしてくれていた方のサイトを見つけたので、そのサイトで今のその場所の写真を見てたら、ただ涙が流れてきた。私の海が、もう、そこには無いという思いで感傷的になってしまった。でも、それは間違ってるとも思えた。その場所で暮らしをしていた人が大勢いたわけだし、その方たちは生活の場をなくしてしまったわけだし。感傷的に泣くのはもうやめようと思う。思い出の場所は心に留めておこうと今は、思う。


そして、もうひとつ。首都圏ではじまった計画停電、息子の住む場所も、取引先の会社ももちろん該当していて、生活時間帯の時や、仕事の段取りやらで大変らしい。こちらは、まだまだ続くようだし、痛みわけにはあまりに重たい気がします。それになぜ都心は対象地域に入ってないんだろう。素朴な疑問です。


関連記事
スポンサーサイト
書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ