グーグーだって猫である

定期購読をしているので、毎月1回送られてくるんですが、
本の旅人」(角川書店・定価100円)という小冊子があります。

20110607115223.jpg


その中にずっと連載していた「グーグーだって猫である」作・大島弓子さん
今回の6月号で最終回でした。

昨日、私は一日、病院にいて、
だけど、空き時間もたくさんあるだろうから・・と何冊か本を持参して、
この冊子も、届いていたものの、まだ開いてなかったから、持参して、
待ち時間に読んでたら最終回で。

病院であるということを忘れて、涙がボロボロ・・・
泣いてしまいました。
内容がうちのわんこと重なることが多く、犬と猫は違うかもしれないけど、
でも、近づく未来のような気がして・・・・・。



そういえば、最初から読んだことなかったと思い、
コミックの1巻をさっそくamazonで注文。

20110607115215.jpg


グーグー、幸せだったね、きっとそう思います。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

tag : 大島弓子 グーグー 本の旅人

書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ