土方歳三、辞世の句のニュース

昨日の報道のようでしたが、私は今朝知りました。思いがけず、「土方歳三」という名前を見つけて驚いたけど、一方で、すごくなつかしい気持ちになって、今日はいろいろ思い出してました。それに、このニュースが、どんなふうに伝わってるのか、ネットをいろいろ検索してみたりして。分かったことは、土方さんって人気があるんだなーということ。それぞれ、自身のブログに書かれてる方も多く、それぞれが自分の「土方像」って持っていることが感じられて、たぶん、これまでドラマやアニメとか、映像になった「土方歳三」を頭の中に思い描いて、その思いを書かれているんだろうなーと思って、なんだか「土方」好きの同士がたくさん・・・って感じで嬉しくなったんですが。で、私の思う「土方像」って誰?となったとき、それは、世に残って伝えられてる、写真の土方さんなんです。イチバン最初に「土方歳三」の行き方を知ったきっかけは、ドラマだったけど、その後、いろいろ本を読み、自分の中で確立したのは、あの写真の土方さん。その後も、何度もドラマ化されて、有名な俳優さんが土方歳三を演じて、「イメージ近いかもー」なんて思ったりするけど。やっぱり、私の中の土方歳三は、写真のひと、ひとりだけです。さて、そんな土方さんの辞世の句であろうと云われるものに新しい説が出てきたそうです。雅号「豊玉」の土方さんは、「鬼の副長」と云われ恐れられてた一方で和歌や俳諧をたしなむ風流人だったといいます。wikiにも載ってますが、とても繊細で優しい歌を詠んでいるんですよね。そんなことから、もしかしたら、今回の歌をみると、そういうところに通じる気がするんですがどうなんでしょう。でも、こういうことがあるから、歴史って面白いですよね。このニュースから、土方歳三の生き様に通じる歴史のロマンみたいなものを感じられた・・・ってことが、今日、私は嬉しかったです。いつか、土方さんの縁の地を歩いてみたい。改めて今日はそう思いました。



新撰組副長・土方の辞世か、隊士宅伝来の歌集に巻頭歌

霊山歴史館課長が新説

土方の辞世とみられる歌(京都市の霊山歴史館で)新撰組副長・土方歳三(1835~69)と最後まで行動を共にした隊士・島田魁(1828~1900)がまとめたとされる和歌集の巻頭歌が、土方の辞世と考えられるとの説を、幕末研究で知られる霊山歴史館(京都市)の木村幸比古・学芸課長が打ち出した。「従来、辞世とされてきた歌は詠んだ日時の推定が難しいが、巻頭歌は間近に迫る死を覚悟した内容で、亡くなる前日に詠んだ可能性が高い」としている。

歌は「鉾とりて月見るごとにおもふ哉 あすはかばねの上に照かと(鉾を手に取って月を見るたびに思う。あすはしかばねの上に照るのかと)」。島田家に伝わる和歌集の冒頭に土方の名で記され、和歌集は26年前に同館に寄贈されていた。

木村課長が今年、修復にあわせて、ほかに名のある30人を調査、大半が新撰組隊士や幕府側の藩士らで、戊辰戦争(1868~69)で降伏し、長く生きたことがわかった。自然のはかなさを詠んだ歌が多く、維新後に隊士らが作り、島田がまとめたと判断した。

土方は、旧幕府軍の指揮官として戊辰戦争に加わり、北海道の五稜郭(函館市)での箱館戦争で新政府軍の総攻撃を受け、銃弾に倒れた。生き残った藩士らの証言などによると、その前夜、旧幕府軍幹部らが惜別の宴を開いていた。木村課長は「歌には悲壮な決意が示されており、土方が明日の死を予期しながらこの席で詠み、島田が大切に記録していたのでは」と話す。

土方の辞世は「たとひ身は蝦夷の島根に朽ちるとも魂は東の君やまもらん(もしこの身が蝦夷の島に朽ち果てたとしても、魂は主君を守ろう)」が有名で、箱館で従者に肖像写真、毛髪とともに託したとされる。

説について、幕末の資料を収蔵する小島資料館(東京都町田市)の小島政孝館長は「『鉾とりて――』は土方の歌と考えるのが自然。辞世かどうかは今後、議論が必要だが、興味深い説だ」としている。

和歌集は霊山歴史館で7月26日から展示される。
(2011年6月15日 読売新聞)

http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20110615-OYO1T00800.htm



関連記事
スポンサーサイト

tag : 土方歳三

書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ