ap bank fes 初日参加の記録(2011)

備忘録です。
各駅停車の電車に乗り、
ap bank fes会場のつま恋のある掛川駅に着いたのは10時を過ぎていた。
改札を出ると、ものすごい人。
駅前にも人は溢れていて、列が出来ていた。つま恋へ向かうシャトルバスへ乗るための列。
シャトルバス乗り場は目の前。けれど、そこにたどり着くためのその列は、
掛川駅をぐるりと一周してしまっていた。
駅を一周し、ようやくシャトルバスに乗ると、
窓の外には以前、一度来たことのある茶畑の広がる見覚えのある風景。
そしてバスを降りる。
つま恋の入り口まで歩き、ゲートをくぐる。
既に、11時はゆうに過ぎていた。

1 207

「着いたよ」

そこから、ライブエリアまで、またまた歩く、歩く。

http://fes.apbank.jp/contents/areamap.php

以前より、子どもが遊べるための場所や、
工作なんかが出来る場所が、増えてた。
楽しそう。
ap bank fesは、ライブだけでなく、
人それぞれの趣向で楽しめることが出来る場所。
楽しみながら、遊びながらエコロジーというものに触れることの出来る場所。
「ちょっと、そのへんで、休みたい・・・」そう思いながらも、
「まずは、ライブエリアに行かねば・・・」と、汗をかきながら私たちは歩く。

凍らせて持っていった「ソルティライチ」のペットボトルが
程良くシャーベットになっていて、それを飲みながら歩いた。


ようやくライブエリア。「ゆったりゾーン」へ。
前の方はいっぱいだったが意外と空きはある。
適当な場所を決め、レジャーシートを広げた。
ようやく落ち着けそう・・・・・・
ひといき、付こうか・・・そう思ったら、オープニング。12時。


ステージの両側に大きいスクリーン。私たちの場所からステージまでは、
「あ、あそこに人がいるかも....」そんな距離。

1 206

スクリーンに「櫻井さんの顔」がアップで映る。(Bank Bandの時は櫻井さん)
目を閉じている。
何か、祈りを捧げている様に思えた。
そして、目をあけ笑顔になり、1曲目。


1、「よく来たね」(Bank Band)

よく来たね 大変だったんじゃない?
遠方まで疲れちゃったんじゃない?
こんなにいいお天気だから
今年もいっぱい遊ぼう

よく来たね いろいろあったんだろう?
悲しいこと 辛いこと 嫌なこと
だけどこうしてまた会えたんだよ
笑顔をいっぱいつくろう



すでに号泣な私。(笑)


2、「ハートビート」(Bank Band) GOING UNDER GROUNDのカバー曲


エリア内、テンション上がって来てるのがわかる。


そしてゲストアーティスト登場、まず、miwa。
歌、上手いし、可愛かったなー。もちろん、スクリーンで見えただけだけど。

3、「don't cry anymore」
4、「つよくなりたい」
5、「441」


次は、MINMIだよ。
楽しい!タオルをくるくる回して歌に応える。疲れたけど、ただ、楽しい♪
だけど、もう、汗だく。

6、「シャナナ☆」
7、「レクイエム~ふるさと」
8、「ハイビスカス」

あ~、MINMIさんって、お母さんなんだよなー、すごいよ。
母の強さ、パワー、すごく感じました。



次は、秦 基博さん。
何を歌うのか、、楽しみでした。

9、「アイ」
10、「水無月」
11、「鱗(うろこ)」

「水無月」好きなんです。聴けて嬉しかった。
このときは、座って聴いてた。疲れてたので。



そして、第一部ラストの曲

12、「歌うたいのバラッド」(Bank Band) 斉藤和義のカバー曲

大好きです、この歌。


60分の休憩。
その間、民族大移動です。(笑)
私たちは、とりあえず、何か食べようと、
kurkku village(クルック ビレッジ)のフードエリアに。
蕎麦、食べました。
以前、来た時より、食事する場所が増えてて、
それほど並ばなくてて良くなってて改善されてた!
トイレの数も豊富ですし。

それより、このフードエリアには、
ミストシャワーがブワ~ッと出る大きい扇風機があって、
その場所、天国でした。(笑)
気持ちよかところでした。


それからは、カンカン照りのライブエリアは避け、
日陰のあるライブエリア外の芝生の土手に陣取りました。
この日の暑さ、ハンパ無かったですし、
ちょうど、スクリーンの見える日陰の場所を確保出来たのでラッキーでした。

1 205


そんなこんなで、第2部スタート。

13、「Drifter」(Bank Band) キリンジのカバー曲

Bank Bandが歌うことによって、その原曲を知ることが多く、
これもその1曲。
すごくいい歌です。原曲もすばらしい。歌詞がスバラシイ。


そして、次は、一青 窈!
「あれ、キレイになった?」スクリーンで見ただけなのに一瞬、そう感じた。
もしかして、恋してるのかな?そんなふうに思った。(....どうでもいい)

14、「らぶれたぁ」
15、「時代」中島みゆきさんのカバー曲
16、「ハナミズキ」


また、スイッチオンしてしまいました。(;o;)
「時代」って、こんなにグサリグサリと来る曲だっけ。

今はこんなに悲しくて、涙も枯れ果てて
もう二度と、笑顔にはなれそうもないけど.....



それにしても、一青 窈さんのステージは、歌に思いを精一杯込めているのが
すごく伝わってきて、感動。ステキなステージでした。


次は、スガ シカオ
独特な世界観。櫻井さんも云ってたけど、
この日のスガさん「爽やか」だったのがなんか、可笑しかった。

17、「愛について」
18、「はじまりの日」
19、「ファスナー」
20、「コーヒー」

「ファスナー」ですよ!
スガさんと櫻井さんのコラボ「ファスナー」
大好きな曲。


以前、映画「Split The Difference」の中で観たふたりのコラボがナマで。
良かった、良かったよ~。(;o;)
もうすぐ出るスガさんのアルバムには別Verの
「スガ&桜井コラボのファスナー」が収録されてるとのこと。


そして、次は 真心ブラザーズ

これぞ、真夏の野外!!!って感じのステージでしたねー。
土手に座って観てると、ちょい、イマイチ、ノリは悪かったけど
それに、土手の下の道路を担架で運ばれる方、何人か見たりしたけど。
熱い熱いステージでした。

21、「空にまいあがれ」
22、「拝啓、ジョン・レノン」
23、「どか~ん」
24、「ENDLESS SUMMER NUDE」
25、「EVERYBODY SINGIN' LOVE SONG」



そして、またまたBank Band

26、「若者のすべて」フジファブリックのカバー曲
27、「はるまついぶき」
28、「奏逢 ~Bank Bandのテーマ~」

「若者のすべて」が始まる前に、
櫻井さん、仙台に向かい、
「パブリックビューイングの人々も、どうかハッピーになってください!届いてーー!」
みたいな事を叫んでた。その言葉に感動した!

そして、「若者のすべて」も、Bank Bandがカバーすることで原曲を知って
大好きになった曲です。

これからも、ずっと夏が来るたび、夜空に上がる花火を見るたび
私は、この曲を思い出すと思います。大切な曲になりました。
Bank Bandのみのステージは、これにておしまい。



さて、休憩。
また、例の天国の場所へ。ミストシャワー最高!
でも、でも、右ひざに違和感を感じ始めたのもこの頃。

「ん?ちょっとムリしないでおこう。。。。。」

ここで、ソーセージとか、枝付きのままの茹で枝豆とか食べて、
自家製黒糖ジンジャーエールっていうのを、飲んだ。

「えっ?なにこれ!?」
「これがジンジャーエールなら、いつも飲んでるジンジャーエールは、絶対ベツモノ!」

そう思える味でした。
初体験でしたし、凄かったです!(美味いという意味で)



そんなこんなで、夕方5時になろうとする頃、ライブ開始。
レミオロメン登場。

またまた土手にて鑑賞。ライブエリアに向かう気力が....(スマン!)

セットリスト
29、「雨上がり」
30、「南風」
31、「スタンドバイミー」
32、「アカシア」
33、「もっと遠くへ」
34、「太陽の下」
35、「3月9日」

さすがに、「粉雪」は無いよな~。真夏ですし。
でも聴きたかったなー。

「こなーーーーーーゆき~~~~~~~~」って。(笑)




少しの休憩のあと、いよいよMr.childrenです。
もちろん、ライブエリアに。
「ゆったりゾーン」に向かいました。
歩くとやはり右ひざに違和感、、、でも、大丈夫。そう思いながら。
なかなかシートを広げるスペース見つからず、
少しだけ空いてるところを見つけたのでそこに。
「どうせ、立って観る事になるし、」と思っていたら、
隣りでシートを広げていたカップルが、自分たちのシートをずらして
私たちの場所を広く空けてくれた。

「ありがとうございます!」

優しい人たちが多いのも、このイベントの良さ。


セットリスト
36、「Dance Dance Dance」
37、「Worlds end」
38、「and I love you」
39、「もっと」
40、「いつでも微笑みを」
41、「SUNRISE」
42、「youthful days」
43、「エソラ」
44、「innocent world」


アンコール
45、「かぞえうた」

そして、ラストの曲はアーティスト勢揃いでの、
46、「to U」

http://youtu.be/yMeprD3Di3E
動画は、昨年のものです。今までみたなかで、イチバン好きな「to U」の映像です。



初日の良いところは、セトリが分からないこと。
ミスチルは、今回、どの曲を選曲したのか、
すごく気になってた。
それが、好きな曲ばかりだったので、まさに至福の時でした。
右ひざ痛くないし、
ジャンプして、手拍子して、笑って、涙して、
忘れられない、この日のライブ。



◇◇◇

終わりました。

たくさんの感動を胸にしまって、つま恋にさようなら。
退場です。

歩く、歩く、、歩く、、、あれ、、、歩けない。

右ひざが痛い。痛いよ。

持参した冷却スプレーをかけてみる。スポーツ選手がよくやるやつ。
そのときは、いい。けど、またすぐ痛みが・・・・。

関節炎。

平坦な場所はなんとか歩ける。でも階段はムリ。

ダンナさんにおんぶ。。。。されてたのは私です。


帰りは、ものすごい人の流れが続くシャトルバスを避け
タクシーに。それで駅まで。
タクシーの運ちゃん、稼ぎ時だろうなーとか思う。
何もしてないと膝は大丈夫な私。
そのあと、クルマに戻り湿布薬を買い、
すぐに貼って、膝の痛みはなんとかかんとか。。。。。



また、行きたいな。このフェスに。
ゆったりと、まったりと、過ごしたい場所です。
そのためには、体力、つけなきゃ・・・だけど。



関連記事
スポンサーサイト

tag : apbank Mr.children BankBand おでかけ

書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ