星が瞬く夜のこと

ほんの些細な出来事で

とたんに逆戻り

少し良くなったと思ってたのに

まだまだ、まだまだ、でした



冷めてしまった夕ごはん

無口になってしまうふたり

煎れたお茶の湯気も消え

いつしか静かな夜




それでも希望を信じていたい

過去の思い出を忘れて

外に出てみたら

星がまたたいてて

頬にひとすじ、流れた







サボテンの花のメロディに載せての、替え歌。





関連記事
スポンサーサイト
書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ